【髪の日焼けが美髪を奪う】堅実女子のためのUVヘアケア

【髪の日焼けが美髪を奪う】堅実女子のためのUVヘアケア

_DSC9691

夏の日差しから髪の毛を守りましょう!

夏はなぜかカラーの退色がはやくなる……。髪の傷みが目立つ……。毎年夏がくる度に、そんな悩みを抱えていませんか?

uv_rad

出典:気象庁ホームページ 「つくば市(高層気象台)の2010年7月21日の例」(気象庁ホームページより)

その悩みの原因は、ずばり紫外線にあります。グラフからもわかるように、5月から9月は1年の中でも特に紫外線量の多い時期。
肌の2〜3倍もの紫外線量を浴びている頭皮こそ、しっかりとしたUVケアが必要になります。今回は、紫外線と賢く付き合い美髪を育むためのUVヘアケアをご紹介します!

紫外線を浴びると髪の毛にどんな影響が?

紫外線を浴びると、具体的にどのような影響があるのでしょうか? 紫外線を浴びると、毛髪は乾燥、強度の低下、表面の粗雑化、色素や光沢が失われるなどの影響を受けます。しかし、その機構はまだ詳しくは明らかになっていません。

 枝毛・切れ毛……ダメージ毛

髪の主成分はタンパク質で、シスチン、チロシン、フェニルアラニン、トリプトファンなどのアミノ酸が結びついた構造(シスチン結合)をしています。紫外線を浴びると、このシスチン結合が変形し、切れ毛や枝毛などのダメージにつながります。

名称未設定-1

紫外線は髪の毛にも悪影響が……。

また、毛髪のS-S結合が切れて酸化によってシステイン酸(SO3H)が生成すると、傷みが生じます。プールや海水浴などで、髪が濡れた状態で紫外線を浴びるとシステイン酸の生成が加速されるので、髪がぬれた状態のまま紫外線を浴びないよう、気をつけましょう。

褪色

紫外線を浴びるとそのダメージでキューティクルが開きます。キューティクルが開いた状態のまま洗髪をすると、カラーをした染料が流れでてしまします。そのため、紫外線量の多い夏場は、カラーの褪色がはやく感じられます。

また、カラーリングをしていない地毛の方でも、毛の内部にある黒色メラニンが酸化分解されることで黒のメラニン(ユウメラニン)粒子が小さくなり、毛の色が褪せることもあります。これは髪の毛が水に濡れている時に起こりやすいので、プールや海水浴へ行かれる際はすぐに髪を乾かすなど、対策をしましょう。

1 2
その1 恋愛運 貧困女子 婚活 不倫 結婚 アプリ アラサー 浮気 運勢 恋愛講座 浮気事件簿 キャリア 占い アラフォー 美人探偵 仕事運 恋愛 金運 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。