たった1分で巡りアップ! お悩み別“足なまけマッサ”のススメ

たった1分で巡りアップ! お悩み別“足なまけマッサ”のススメ

昔から、ふくらはぎや足裏は“全身”に見立てられることが多い部位。実際の臓器に対応したそれぞれの範囲やツボを刺激すると、リラックスできる上に体調を整えることができるといわれています。それは、体内に存在する血液やリンパ液などの巡りが促進されることが大きな理由。もみほぐすことで冷え性やむくみ・肩こり・頭痛などを改善し、代謝をアップ。その結果、デトックスにもつながります。たった1分で完了する“足なまけマッサ”で身体をメンテナンスしませんか?

KTKR2139

ふくらはぎは硬くなっていませんか? もみほぐしておくと、血流も良くなりますよ。

まずは30秒間のプレなまけマッサ

準備として取り入れておきたいのが、ふくらはぎのマッサージ。足に溜まった血液やリンパ液を戻すポンプのような役割をしている部位だけに、足裏を刺激する前にもんでおくことで、さらに身体の巡りをアップさせてくれます。

 

1.左手で左足首をつかみ、そのまま押しながらゆっくりとひざへ。右手で右足も同様に。

2.両手の親指または人差し指と中指で左側のふくらはぎを押し、そのままゆっくりと上へ。ひざ裏まで手を持ってきたら、ゆっくりと押します。右側のふくらはぎも同様に。

3.左スネの骨の脇にあるくぼみを両手の親指で押しながらゆっくりと引き上げます。右スネも同様に。

 

30秒間だけ!お悩み別“足なまけマッサ”のテクを直伝

冷え性

足裏に老廃物がたまると、血流が悪化して冷え性の原因に。両手の親指を使って“土踏まず”を全体的にもみほぐすことで、血の巡りがアップします。足裏の中央は腎臓に対応した範囲でもあるので、刺激を与えましょう。

 

肩こり・頭痛・目の疲れ

頭や首、目に鼻、鼻など、顔まわりの部位に対応しているとされる足指。ここを刺激してほぐすことで、頭痛が解消できるといわれています。足の親指を中心に、くるくると円を描くように回してください。

 

むくみ

それぞれの手指を足指の間にかけ、足を持つようにして足首を回します。もう片方の手で足首を支えるとやりやすくなります。このときに、内側のくるぶしの骨のくぼみを押すのがおすすめ。足首はリンパが滞りやすい部位なので、つまりが解消されることで同時にむくみにも良い影響が。

 

ダイエット

リンパを流すことで老廃物も排出しやすく整えるダイエットにも最適のマッサージ。リンパに対応した範囲は、足の甲にあるといわれています。手で拳をつくり、親指以外の4本指の第2関節を使ってそれぞれの指の付け根から足の甲に沿って足首に向かって押しながら引き上げましょう。スリミングオイルを使うとさらに効果的。

1 2
恋愛 アラサー 派遣女子 仕事 iPhone 派遣 アプリ レシピ 金運 婚活 美人探偵 占い 恋愛講座 時短 アラフォー 結婚 CITRUS ダイエット 貧困女子 浮気事件簿
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!