お正月のオイシイ誘惑に勝つ! 太らないためのお手軽なまけテク

お正月のオイシイ誘惑に勝つ! 太らないためのお手軽なまけテク

新年を迎え、中盤を迎えた冬休み。おいしいものを食べて、毎日ゴロゴロ……なんていう生活を送っていませんか? 特にお正月は、お雑煮やおせち料理などをついつい食べ過ぎてしまう時期。しかも、実家に帰省したり、自宅で過ごすことが多いため、摂取したカロリー分を消費できるほど動かないことが多くなりがちに。脂肪をため込む前に、今すぐ“引きこもり太り”対策を実践しましょう。

IMG_3160

お正月は暴飲暴食、お酒の飲み過ぎで顔がむくんでしまうことも。

 

こうやって食べれば太りにくい! おもちの食べ方

お正月に食べるおもちは、太りやすい食材の代表格。原因として、食べると血糖値が急上昇しやすいことが挙げられます。この基準となるのが、摂取した食べ物が体内で糖に変化してから、血糖値が上昇するスピードを表したGI値。MAXを100として、この数値が高いほど太りやすい食材といわれています。焼いたおもちは、83前後。お雑煮などでやわらかく煮込んだおもちは、さらに93前後にまで上がるのだとか。そこで、食べる前にGI値を下げる工夫を。

おもちのGI値をダウンする方法

お雑煮の場合は、まずは野菜から食べて、汁を飲んでからおもちを食べます。
焼きもちの場合は、海苔を巻いて食べるだけで、GI値が下がって太りにくくなります。
きなこや大根おろしをかけるのも、おすすめの食べ方です。

温度調節がカギ! 消費カロリーを上げよう

人は外気の温度が低いほど、消費カロリーが上がります。食べ過ぎになりがちなお正月は、暖房をかけすぎず、まわりを可能な限り低い温度に調節しましょう。そうすることで部屋も乾燥しにくくなり、お肌のうるおいもキープすることができます。

1 2
仕事 金運 美人探偵 浮気事件簿 派遣女子 アラサー アプリ 恋愛講座 CITRUS iPhone レシピ 占い 派遣 アラフォー 貧困女子 恋愛 ダイエット 結婚 時短 婚活
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!