30歳、独身女性、大学時代の先輩からの保険勧誘を断れず…。独身でも保険は必要?

30歳、独身女性、大学時代の先輩からの保険勧誘を断れず…。独身でも保険は必要?

私のところには、年齢も職業も様々な女性がお金の相談にやってきますが、今回は、30歳ひとり暮らしのOL、C子さんがご相談にやってきました。ご相談内容は、「大学時代の先輩が保険会社に勤めているのですが、保険の勧誘がしつこくて……。先輩だし、断れなくて勧められるままに保険に入ってしまったのですが、本当によかったのかどうか不安になってご相談にきました」とのこと。C子さんは、どんな保険に加入したのでしょうか?

⬛︎ 独身は、病気・怪我による収入ダウンに備えることが大切!

C子さんは、大学時代の先輩が保険会社に勤務していて、その先輩から保険の勧誘を受けたとのことですが、C子さんのように保険会社に勤務する知人からの勧誘で保険に加入したというケースは少なくありません。

こういったケースの場合、保険の内容を理解しないまま、知人が勧めてくる保険に加入してしまうケースが多く、不要な保険に加入していることも多々あります。

C子さんが持参した保険証券を拝見したところ特に目が点になったのが、C子さんが死亡した時に2000万円の死亡保険金がでる死亡保険です。

そもそも独身の場合、扶養する家族がいないので、特に事情がない限り、死亡保険を検討する必要はありません。むしろ、病気やケガなどで会社を休んだり、仕事ができなくなったりするリスクに備える必要があるのです。もし、病気や怪我で働けなくなり収入が減少しても、その間の生活費や医療費は待ったなしでかかります。貯蓄が十分あるなら話しは別ですが、もしもの入院や手術に備えて、最低限の保険があると安心です。

C子さんは、医療保険にも加入していましたが、会社員のC子さんには、手厚すぎる保障内容だったので、民間の医療保険に入る際の考え方を説明しました。

⬛︎民間の保険に加入する前に「公的保険」について知っておこう

そもそも、民間の医療保険を検討する前に私たちが加入していている「公的保険」でどれくらいの保障がカバーされるのかを知っておくことが大切です。というのも、実は公的保険の保障は意外と手厚いからです。

現在、私たちが病院に行って治療を受けたり、薬をもらったりしても、基本的に自己負担は3割ですみますよね。その他に1か月の医療費には自己負担限度額の割合が決められていて、超過分を申請すると還付が受けられる「高額療養費制度」もあります。この制度を使えば、健康保険が適用になる診療については、1か月で多くても9万円程度に抑えることが可能です。

例えば、医療費を自己負担分で30万円請求されたとしても、後日請求すれば、高額療養費で約21万円が戻ってくるというわけです。高額療養費の対象となる医療費は入院だけではなく、通院であってもOK!また、高額な医療費がかかりそうだなとあらかじめわかっている場合には、事前に病院に「健康保険限度額適用認定証」を提出しておくと、高額療養費を超える医療費を立て替えることなく、9万円を払うだけですみます。

そして、会社員が加入している健康保険の場合、病気やケガで会社を休み、お給料がでない場合には、1日あたり標準報酬日額の3分の2を休業4日目から最大で1年6か月間支給される「傷病手当金制度」があります。この制度はフリーランスや自営業者の人が加入する国民健康保険にはない制度なので、会社員は恵まれていますね。

1 2
アラフォー 浮気事件簿 恋愛運 恋愛 キャリア 結婚 運勢 金運 アラサー 時短 浮気 恋愛講座 その1 不倫 アプリ セカンド 占い 美人探偵 婚活 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。