市販薬で病気を治している人は税金が安くなる?意外と知らないセルフメディケーション税制とは

市販薬で病気を治している人は税金が安くなる?意外と知らないセルフメディケーション税制とは

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。最近、朝と夜の寒暖差が厳しくなりましたね。まわりでも体調を崩している人をチラホラ見かけるようになりました。ちょっと体調を崩したという程度だと、病院には行かずに市販薬を飲んで治すという人も多いかもしれませんが、もし、市販薬の購入費用が年間1万2000円を超えている場合、税金が安くなる可能性があります。今回は、2017年1月から導入された「セルフメディケーション税制」についてお話します。

⬛︎ 2017年1月からスタート!セルフメディケーション税制とは

1年間に支払った医療費が10万円を超えると適用になる「医療費控除」は認知度が高い制度ですが、2017年1月から導入された「セルフメディケーション税制」を知っているという人は意外に少ないのではないでしょうか?

セルフメディケーション制度とは、ざっくりいうと日頃から健康増進、病気予防に努め、ちょっとした病気であれば病院に行かず、市販薬を服用して、自分自身で治療をする場合には、税金面で優遇しますよという制度。

具体的には、日頃から健康増進、病気予防に取り組んでいる人(生計を一にする家族の分も合算できる)が 2017年1月1日から 2021年12月31日までの間に対象となる市販薬を購入し、1年間に支払った金額が1万2000円を超える時は、その超える部分の金額(最高8万8000円まで)について所得税が一部還付され、翌年の住民税が減税されます。

式で表すと以下になります。

 「控除額(最大88000円)=医薬品代金—12000円」

■セルフメディケーションの対象となる市販薬は?

市販薬の購入費用が年間1万2000超えと聞くと、ハードルが低いように感じますが、セルフメディケーション税制を利用できるのは、購入した市販薬が制度の対象となっている場合です。

制度の対象となる市販薬は、薬局やドラッグストアで購入できる医療用成分が配合された市販薬で「スイッチOTC」と呼ばれているものになります。スイッチOTCとは、従来は医師の処方箋が必要だった医療用医薬品の中から、薬局で購入できるよう、一般用医薬品に転用されたものです。

テレビコマーシャルでおなじみの胃腸薬「ガスター10」、鎮痛剤の「ロキソニンS」、総合かぜ薬の「エスタックイブ」、抗アレルギー薬の「アレグラ」などが該当します。いずれも副作用が少なく、使用実績があるものです。

対象商品については、厚生労働省のHPに記載されていますので確認してくださいね。https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000546933.pdf

1 2
アプリ 時短 キャリア アラフォー その1 美人探偵 婚活 恋愛 運勢 恋愛運 占い 恋愛講座 金運 不倫 浮気 結婚 セカンド 浮気事件簿 アラサー 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。