今年こそ資格取得に挑戦!「教育訓練給付制度」を活用して、キャリアアップを目指そう!

今年こそ資格取得に挑戦!「教育訓練給付制度」を活用して、キャリアアップを目指そう!

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。新しい年を迎えるにあたり、「今年こそは◯◯を達成するぞ!」と前向きな目標を立てた人も少なくないのではないでしょうか?私のお客様の目標を聞いていると、「今年は資格を取得してキャリアアップしたい!」という人が多いのですが、みなさんの中にも同じ目標を掲げていて、かつ、条件に当てはまるという人がいたらぜひ活用したのが「教育訓練給付制度」です。今回は、給付金をもらってキャリアアップできる「教育訓練給付制度」についてお話します。

教育訓練給付制度には2種類ある

そもそも教育訓練給付制度とは、キャリアアップを目指す人が、自分で費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し終了した場合、その経費の一部を支給する制度のことをいいます。ざっくりいうと、給付金をもらってキャリアアップできるお得な制度ということ。教育訓練給付金は、「一般教育訓練給付」と「専門実践教育訓練給付」の2種類があり、雇用保険に加入していて一定の条件を満たした人に給付されます。雇用保険の加入期間などによって利用できる給付と給付金額が異なります。

一般教育訓練給付は、初めて制度を利用する場合、雇用保険への加入期間が通算1年以上あれば利用できます。2回目以降に利用する場合は、雇用保険への加入期間が前回受講開始日より3年以上に加えて、前回の支給決定日から3年以上経過している必要があります。

支給される金額は、教育訓練講座を終了した場合に受講費用の20%(最大10万円、4,000円以下は支給なし)です。ですから、例えば10万円の講座を受講した場合には、2万円が支給されます。仮に分割払いを利用する場合でも受講終了前に所定の支払額を前倒しして、全額支払いが済んでいる場合は、受講料全体の20%に相当する金額が支給されます。

一般教育訓練給付の対象講座は、英会話やパソコンなど気軽にチャレンジできる講座から簿記やファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、宅地建物取引士などの人気資格講座まで幅広く対象となっていますので、条件を満たす方は、ぜひ活用したいところです。

対象となっている講座は、厚生労働省のHPで確認してくださいね!https://www.mhlw.go.jp/content/11800000/000535888.pdf

最大168万円ももらえる!専門実践教育訓練給付

専門実践教育訓練給付は、雇用保険に一定期間加入している人が中長期的なキャリアアップを目指して、厚生労働大臣が専門的・実践的な教育訓練として指定した講座を受講した場合に給付金がもらえる制度。通常は、雇用保険への加入期間が通算3年以上あれば利用できますが、初めて制度を利用する場合、雇用保険への加入期間が通算2年以上あれば利用できます。

支給される金額は、教育訓練講座を終了した場合に受講費用の50%が支給され、さらにその後、資格を取得し、雇用された場合など、条件を満たせばさらに20%相当額を追加してもらえます。つまり、合計で70%が支給されるということです。通常は、支給の上限金額は40万円ですが、資格等を取得した場合には、上限金額は56万円になります。

支給期間も1年間から最長3年間なので、最大で168万円も支給されるというわけです。

専門実践教育訓練給付の対象となる講座には、看護師、建築士、専門職大学院などがあります。本格的にキャリアアップを目指したい人は前向きに検討したいですね!

対象となっている講座は、厚生労働省のHPで確認してくださいね!https://www.mhlw.go.jp/content/11800000/000535974.pdf

1 2
恋愛 結婚 浮気 キャリア セカンド その1 金運 アラフォー 美人探偵 アプリ 占い アラサー 運勢 恋愛運 不倫 仕事運 婚活 浮気事件簿 貧困女子 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。