【20代で知りたかった30代の正解】毒親の呪縛!マジメな優等生の箱入りおばさんが婚活で疲弊する理由とは?

【20代で知りたかった30代の正解】毒親の呪縛!マジメな優等生の箱入りおばさんが婚活で疲弊する理由とは?

進学・就職も親の顔色を見て、自分の責任で決断してない

婚活は万人ウケを狙っても意味はありません。●●すればモテるというテクニックはあるにはあるけれど、そのテクニックを駆使してモテることが幸せな結婚に結びつくわけではないのです。

たった一人の自分マニアを獲得すればいいだけ。そのため、自分がどんな結婚生活をしたいのかということが重要になってきます。

しかし、「どんな結婚生活がしたいの?」「お付き合いをするならどんなことがしたいの?」と聞いても全く出てこない方も。

結婚相談所で婚活をして1年以上経過したけれど、結婚に至らないというある女性はお相手を探す条件を「普通の人」にこだわり、平均年収、平均身長で探していました。自分の考えに自信が無く、他の人はどんな条件で探すのかが気になったそう。自分で決めた経験がほとんどないマジメな彼女は、必死に「普通はどうするのか?」と答え探しをしてしまいます。自分の考え方で決めて失敗するのが怖いのだそうです。

しかし、そこで他の人のまねをしても意味はありません。

ある実家暮らしの女性は事務職として金融機関に勤めていました。金融の仕事に興味があるというより、親が「安定しているから公務員とか銀行があなたには向いている」と言ったのを鵜呑みにして、公務員と金融系に絞り就職活動をしたそうです。人生の重要な決断も親の顔色をうかがい、自分で決めたことがあまりないのです。

お二人とも婚活で苦戦していることで、決断を他人に依存してきた害に気が付かれました。自分で決められず、何をしたいかもわからず苦しみ、正解がない事なのに正解探しをして、行動できずに苦しくなるという、真面目な女性は多いです。

親を卒業しないのは毒親

自分の子どもを虐待するといった、誰の目から見ても異常な毒親もいます。

しかし、子どもが幼い時は模範的ないいお母さんだったかもしれないけれど、子どもが大きくなってからも共依存の関係を続け、親を卒業しないのも毒親になりえるのではと思うことがあるのです。

ある女性は2時間かけて会社に通勤していました。一人暮らしをしようとしたら、同居している親と祖母から「お祖母ちゃんに寂しい思いをさせるのか?」「親不幸だ。だったら会社を辞めて近くにいなさい」と言われてそのまま会社を辞めてしまいました。

田舎で家の近くに仕事はあまりなく、パートで働き始め、そのまま30代に突入。祖母は足が悪くなり、孫は介護要員になりました。

それで婚活をしても、30代フリーターと結婚しようとするまともな男性はなかなかいないでしょう。

また、別の東海地方のある男性は「男は家を持って一人前。家を建てたらお嫁さんが来る」と親から言われて、自分でローンを組み実家を二世帯住宅に建て替えました。郊外の二世帯住宅 + 住宅ローン持ちって婚活の障害でしかないのですけど……。

親が昭和の常識で頭が止まっているのは、半ば仕方がないのかもしれません。その親の意見をだれより尊重してしまう真面目ないい子が、婚活市場では選ばれないのです。親の意見なんて無視していいのに。

では、こういう古い親が毒親なのでしょうか?親が自覚して子離れすることは、ほぼありません。もし、どこかで親に反抗して自分の意見をしっかり主張するようになっていれば……。親を毒親にするのも自分次第なのです。

結婚相手は自分の責任で決めましょう。「この人と結婚する」と、親には事後報告するくらいの覚悟を持ちましょう。

親の顔色をうかがわない、「自分ファースト」で!

賢人のまとめ

決断で親の顔色をうかがわない。親の顔色をうかがい続け自分で決めなければ、親は毒親になるでしょう。

1 2
結婚 占い 浮気事件簿 恋愛講座 婚活 アプリ その1 恋愛 キャリア 運勢 時短 貧困女子 不倫 アラサー アラフォー 金運 恋愛運 美人探偵 浮気 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。