進学校を出て地元で就職した、学歴だけが高い“箱入りおばさん”は婚活市場の問題児だった!?

進学校を出て地元で就職した、学歴だけが高い“箱入りおばさん”は婚活市場の問題児だった!?

「いい男がいない」「この人よりもっといい人がいるかもしれない」……婚活中の女性は悩むことが多いでしょう。では、あなたはどの程度の女性なのでしょうか?

真面目に生きてきたから自然に結婚ができるわけじゃない

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

私のところには、よく婚活を「勉強」しに来る方がおります。その都度、恋愛や婚活は読んで聞いて教えてもらって勉強して攻略することじゃないことをお伝えしております。学校のテストなら、真面目に勉強した対価でいい点数は取れたかもしれないです。しかし、人間関係はそう単純ではありません。

婚活という言葉ができて、10年ほど経過しました。現在30代40代の方ならば、子どものころに「自然と結婚ぐらいできるだろう」と思っていなかったでしょうか?結婚して子供がいることは、ごく普通の当たり前のことと思っていませんでしたか?

真面目に生きてきて、子ども時代は親や先生から言われたことを守り、所謂「いい学校」と言われる学校に進学して、迷惑もかけずに仕事をしていれば自然と結婚していたのは親の代の話です。今は残念ながらそういう時代ではありません。

「●●高校出身はすごいね!」と言われ続けた結果、市場価値の低さに気が付けない

地方にいると、地銀に勤務する大卒銀行員はちょっとしたエリートです。ある地銀との合コンに参加した女性から聞いた話ですが、〇〇銀行と聞いて合コンの参加者はすぐに集まったそう。その中には、30代半ばの美人K子さんがおりました。

地元ネタで盛り上がり、合コンは楽しかったそうです。高校の話になり、男性陣の高校がわかったとたんにK子さんは機嫌が悪くなりました。合コンが終わって女性同士で二次会に行ったら、K子さんは「〇〇銀行っていっても、●高校出身じゃ大したことないのね」と彼らの出身校を見下す発言をしたそうです。

K子さんは県内トップの進学校出身でした。でも社会人になってからは、これといって目立つキャリアがあるわけではありません。

昔は勉強もできて、キレイで人気の的だったことでしょう。でも都会ならばもっときれいな女性も、高学歴でハイキャリアな女性も、バリキャリな美人だってたくさんいます。しかし、K子さんは高校を卒業して、地元の大学に進学し、地元で就職して田舎を出たことがありません。

まして30代で仕事の実績ならいざしらず、高校の偏差値を気にするってかなりイタイ人なんですけれど、田舎にいれば「▼▼高校なんてすごいね」といたるところで言われるので、自分がビジネスパーソンとしても女性としても市場価値が低いことに気が付けないのです。

1 2
アプリ 恋愛 結婚 アラサー 金運 恋愛運 キャリア 時短 恋愛講座 アラフォー 運勢 浮気事件簿 セカンド 占い 貧困女子 美人探偵 浮気 その1 不倫 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。