信頼すべきは誰?長引く婚活の原因は、相談相手を間違っていることにある

信頼すべきは誰?長引く婚活の原因は、相談相手を間違っていることにある

親から反対されるから婚活がうまくいかないという真面目な方も多いのですが、そもそも婚活の進捗を親に報告するほうが間違いなのです。

他人と信頼関係を築けない原因は、親子関係に原因があるかもしれません。親との関係を今こそ見直しましょう。

相談相手を間違えてはいけない

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

ご相談に来る方の話を聞いていると、自分自身でご縁をつぶすようなことをよくやっています。それに気がつかず、うまくいかないのを相手や環境のせいにしてしまい同じことを繰り返し、婚活が長期化して自分の年齢も上がるという方は多いもの。

決めるのが苦手という方にとって、婚活はきつい作業の連続でしょう。

どなたかとの出会いがあったとします。ものすごく好きなわけでも、ものすごく嫌いなわけでもない、可でもなく不可でもない相手と関係を進めるべきかどうか、迷うことはあるでしょう。そういう時に自分の意志で決められない方は、まず誰かに相談して第三者の意見を仰ぎます。

真面目でずっと「いい子」できた女性ほど、その相談先を間違えてしまうのです。女子会で「この男どう思う?」と聞いたり、独身で彼氏がいない子に相談したりしても、その人たちはあなたが独身のままでいるように圧力をかけ、「え?デートでスタバって、大事にしていないんじゃないの?」など、関係が進まない方にアドバイスをするでしょう。

また親に相談してもいけません。「あなたのためを思って」という大義名分のもと、相手の男性のあら捜しをするでしょう。人はしょせんは釣り合う人としか付き合えないもの。でも、親だけはわが子がどんなに婚活で市場評価が低くても贔屓目に見てしまうのです。

親の言う「あなたにはもっといい人がいる」は、ほぼあてになりません。

相談相手に親が思い浮かぶなら親子共依存

この仕事を始めてびっくりしたことの一つが、親と一緒に婚活をする人の存在です。30代40代で親と一緒に結婚相談所に行き、お見合い写真撮影も親と一緒というドン引きするマザコンが男女問わずあちこちにいます。

結婚相談所の中には、親目当てで営業集客するところもあるほど。結婚相談所は入会金が10万円前後、月謝が1万円以上します。この金額は多くのアラサー世代には「高い」と感じるでしょう。

しかし、60~70代が死ぬまでに孫の顔を見るための経費と考えれば「安い」のです。

親子共依存が婚活の足かせのはずなのですが、親子共依存を歓迎するスタンスの結婚相談所もあり、本人はなかなか気がつけないでしょう。親が過干渉で子どももそれを愛情と思っている、べったりな親子関係にある方は、婚活の相談を親にすることに違和感を抱きません。

比較的、同年代の友達が少ないか、周りは同じよう友達ばかりという方もおります。

首都圏の出身であれば中高一貫私立の女子校出身者が多く、同級生もだいたいが似たような家庭環境です。親の顔色をうかがって、親が喜ぶ安定したイメージの金融機関の事務職などに就けば、社会人になってからも似たような保守的な人に囲まれてしまうでしょう。

婚活をして初めていろんな背景がある人と接するのですが、自立している男性からすればなんでも親に許可をとる姿勢にうんざりするでしょう。

本人は昔から変わらない同じことをやっているだけのつもりなのですが、子ども時代から変わっていない箱入りおばさんになっていることが問題なのです。

1 2
アプリ 恋愛講座 アラサー 貧困女子 キャリア 不倫 浮気事件簿 運勢 セカンド 恋愛運 浮気 時短 結婚 恋愛 美人探偵 金運 婚活 その1 占い アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。