【20代で知りたかった30代の正解】使っちゃダメ!「大丈夫です」は相手の活躍の場面を潰すブス用語

【20代で知りたかった30代の正解】使っちゃダメ!「大丈夫です」は相手の活躍の場面を潰すブス用語

「自分一人が我慢すれば済むことだから」と自分を大事にしなくなる

何でも一人でやってしまうアラフォー女性は、色々理不尽だと思うことがあっても、「私が我慢すれば済むことだから」と自分を大事にしていない方ばかり。大変でも周りにSOSを出さず、有給もほとんど取得しない。なのに、「こんなに頑張っているのに認められない」と思っていたそうです。

ある女性は、毎年、誕生日の1週間前とクリスマスだけ「来年までに結婚、せめて彼氏がいるようにしていこう」と思い焦ってジタバタしても、日々の業務に追われて自分の為に時間を作ることをせず先延ばしにしてきてしまったそうです。

そこで、自分が持っているタスクを上司・同僚にも公開して、他の人ができそうなことは任せるようにして、プライベートの時間を確保するようにしました。そして、遅い婚活をスタート。「婚活している。いい人いたら紹介してね」と周りにお願いするようにしたそうです。そしたら、友達が男性を紹介してくれることになったと言います。

「男としてナシ」という相手で練習して経験値を上げる

ところが、何年も恋愛から遠ざかって、年相応の経験値のない彼女は紹介されてもどうしたらいいか分からなかったそうです。

二人で会うことになった人は、ステキな男性でした。しかしそのことで余計に緊張してしまい、何を話したかも覚えていないとか。甘え下手な女性が、練習もしないまま本番の出会いの場に行っても失敗するのは当然です。デートだって練習が必要なんです。

彼女は30代前半のころ、婚活パーティーに参加したことがあったそうです。

「さえない男性しかいなくて、なんでこんなところに時間とお金かけて参加しなければいけないんだろうと思った。そこまでして婚活しなくてもいいかな」と感じたと言います。そのパーティーでは男性とろくに話もせず、マッチングカードは白紙で提出して帰って来てしまったとか。

「出会いがない」と言いながら、彼女のように第一印象で「ナシ」と思った男性をよく知ろうともしない女性は多くいます。さらに、職場も「おじさんしかいないから」と適当な服装・メイクで通勤している方も……。

そんな彼女に、婚活だからと言って特別なことをするのではなく、日ごろからきちんとした格好で出勤し、日ごろから全ての男性にできないことはお願いするようにとお伝えしました。そしてしばらくして、彼女から真面目に結婚前提でお付き合いする方ができたという報告をもらいました。

「かつての私なら初対面でナシにしていた男性ですが、優しいし、一緒にいて楽です」とのこと。お相手の男性は、前からの知り合いだそうです。

運命の人は、わりと近くにいるのかもしれませんね。

1 2 3
セカンド 恋愛運 恋愛 不倫 占い 貧困女子 金運 キャリア アラフォー アプリ 婚活 美人探偵 仕事運 運勢 アラサー 浮気事件簿 恋愛講座 浮気 結婚 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。