【20代で知りたかった30代の正解】親のために婚活をする箱入りおばさんが婚活難民に

【20代で知りたかった30代の正解】親のために婚活をする箱入りおばさんが婚活難民に

年末年始ともなれば、親戚に会う機会も多いでしょう。そこで独身の方は、親から「いつ結婚するの?」とプレッシャーを受ける方も多いと思います。そんな親のプレッシャーが面倒くさいという方に、今回はお送りします。

親から言われて結婚相談所に入る30代40代

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

この時期になると、「今年も独身で相手もいないまま年を越すのか」と憂鬱になる方もいらっしゃるかもしれません。パートナーが欲しくないとも思っていないのに、追い打ちをかけて親から「孫の顔が見たい」「結婚はまだなの?」と聞かれるとさらに気が重いですよね。

実際に、1月はそんな親からの圧力により、結婚相談所に入る人も多いのだとか。
結婚相談所の中には、親向けに娘息子の婚活の相談会を開催しているところ、それどころか娘息子に変わり親が活動するような結婚相談所もあります。

ある女性は29歳の時に「このままでは一生一人だ」と思って結婚相談所に入会したそうです。
そこで出会う男性に「なんで結婚相談所に入ったのですか?」と聞いたそうです(それを聞くのもおかしいんですけどね)。
すると、相手の男性は
「親が結婚しろっていうから」
と答えたそうです。

2人目の男性も、3人目の男性も「親が言うから」と。
それにうんざりして、彼女は結婚相談所を退会してしまいました。

この仕事をしていると、過保護すぎる親の話をよく聞きます。アラフォー息子のお見合い写真撮影に同席する親の話、お見合い日程変更で親が電話をかけてくる等。その親の過干渉が婚活の妨げになっているとは本人たちは気が付きません。

親ありきで婚活をする真面目ないい子

実際に、親に言われて婚活を始めたという方も多くご相談にいらっしゃいます。別に、婚活のきっかけの一つが親の小言っていう程度はよくある話です。

しかし、ご自身の未来の事なのに、意思決定が全て親の顔色をうかがい、決断を親に依存するという幼い方は要注意。
親と一緒に、結婚相談所の説明を聞きに行き、初めてのお見合いは親同席だったという方も。

「どんな結婚生活がしたいの?」
「どんな相手がいいの?」
「お付き合いをするなら、どこにデートをしたいの?」

パートナーを探すにあたり、「誰でもいい」では紹介もできないため、こういうある程度の理想は明確にする必要があります。

そんな結婚生活の理想を思い描いてもらうと
「親を大事にする人」
「私の親と仲良くできる人がいい」
「私の家族はみんなで旅行に行くことが多いので、一緒に家族旅行に行ける人がいいな」

と、理想が真っ先に出てくる方がいらっしゃるのです。なぜ親なのか?と聞いても今まで自分がずっと親第一で生きてきたため、そこに「なぜ?」と聞かれると分からないという方が多いのです。特に真面目で、高学歴な方が多いかも。

親を喜ばすために、親が気に入りそうな相手を探すのですが、親依存が強い人と結婚したいと思う人はそういないと気が付かないのです。

1 2
その1 キャリア 結婚 占い 金運 恋愛講座 浮気事件簿 婚活 アラフォー 恋愛 浮気 運勢 貧困女子 アラサー 美人探偵 セカンド アプリ 不倫 恋愛運 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。