二度寝クセが抜けません。どうしたら?……いっそ昼寝のススメ

二度寝クセが抜けません。どうしたら?……いっそ昼寝のススメ

二度寝……この甘美なひととき……ならいいのですが、実際には、とんでもない遅刻をしでかしてしまったり、起きたあと、とてもだるかったり。二度寝はやっぱりいけないのでしょうか?

二度寝体質から抜け出すだめに、毎日昼寝を予定に入れる!

二度寝については、絶対にいけないというものではありません。ただ、ダラダラと二度寝をしてしまうと、たっぷり寝たはずなのにぜんぜんスッキリしない、かえってだるい、という症状になりがちです。寝過ぎてしまった、という罪悪感から気分もよくありません。

そもそも二度寝をしてしまう背景には普段の睡眠量が足りていないことや、睡眠の質が低下していることが考えられます。毎日の寝不足の解消法は「寝だめ」ではなく「昼寝」が最もおすすめです。

ただし、昼寝のとり方にはポイントがあります。まず、15時までという時間。15時を過ぎてしまうと、その日の夜の睡眠に悪影響が及ぶので、逆効果になってしまいます。そして、15~20分程度という時間も大切です。これ以上長く眠ってしまうと、心身への健康効果が得られず、さらに頭がぼーっとして午後の生産性が下がってしまいます。また、眠りが深くなって起きにくくなってしまうので要注意です。15~20分ぐらいであれば、スキッ!と起きられます。

日本ではお昼寝の習慣は根付いていませんが、脳と身体、心にとって有益な習慣です。日頃の“寝不足感”が解消されて、リフレッシュでき、午後のパフォーマンスも上がります。ちなみに、お昼寝前にコーヒーやお茶などでカフェインを摂取しておくとより目覚めがスッキリしますよ。

1 2
アプリ レシピ 婚活 CITRUS 派遣女子 時短 結婚 派遣 仕事 恋愛 アラフォー 貧困女子 美人探偵 iPhone 金運 占い 浮気事件簿 恋愛講座 ダイエット アラサー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!