【眠れないあなたへ】あなたの枕、首をきちんと支えていますか?

【眠れないあなたへ】あなたの枕、首をきちんと支えていますか?

ぐっすり眠るためには快適な寝具環境が必要です。前回、マットレスの選び方をご紹介しましたが、つづいて枕と掛け布団のチェックポイントをご紹介します。

寝返りしやすい枕の選び方

快眠のために枕も重要なアイテムです。いくらマットレスが体に合っていても、枕が合っていなければ不自然な寝姿勢になってしまうことがあるため、できれば、マットレスと同じメーカーの枕を選ぶのがいいでしょう。

はじめに枕をなぜ必要なのかご存知ですか?枕は頭を支えるものというより、首を支えるものです

枕の形状としては、首の隙間を埋めてくれるものが理想的な形状です。高すぎると、仰向けになったとき、気道が狭くなって息がしにくくなりますし、首の横シワにもつながるのでNG。後頭部が出っ張っているので枕は少し低めに。両サイドは、寝返りの打ちやすさを考えると少し高めになっている枕がいいでしょう。

サイズは、頭3個分ぐらいの大きさが必要です。小さいと寝返りを打ったときに頭が枕から落ちてしまう可能性も。

また、ある程度の重さも必要です。軽すぎる枕は寝返りをしたときに動いてしまうことがあるので、おすすめできません。

かたさはマットレス同様、「柔らかすぎず硬すぎず」が大切です。柔らかすぎると頭が蒸れるうえに枕がつぶれて、枕をしていないのと同じ状態になってしまいますし、硬すぎると後頭部の1点で頭の重みを支えることになるので、首が疲れてしまいます。

かたさに関しては好みがあります。試し寝をして、ゴロゴロと寝返りを打ってみましょう。マットレスと同様、寝返りのうちやすさは正しい寝姿勢をつくれているか否かの大切な判断ポイントになります。

寝具選びでは、このように「寝返り」の打ちやすさが大きなポイントになります。個人差がありますが、人は一般的にひと晩に20〜30回も寝返りを打つといわれ、この寝返りは就寝中の身体を快適に維持したり、睡眠の質を高めたりする大切な役目を果たしているのです。そのため、寝返りのしやすさは快適な眠りづくりのためのキーワードになります。

枕の中身の素材は好みで選んでOKです。日本の高湿度の夏を考えると、おすすめはソバ殻ですが、動くたびにガサガサと音がするので、音が気になる方にもおすすめしません。また、ソバのアレルギーがある方も避けるようにしてください。

使い勝手がよく扱いも楽な素材はパイプです。かたさも柔らかいものから硬いものまでいろいろあります。

1 2
恋愛講座 アプリ アラサー 貧困女子 運勢 美人探偵 派遣女子 不倫 アラフォー 婚活 占い 時短 浮気事件簿 金運 恋愛 結婚 恋愛運 派遣 iPhone セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!