【眠れないあなたへ】暑~い夏がやってきた!熱帯夜に快眠するためにやっておきたいこと

【眠れないあなたへ】暑~い夏がやってきた!熱帯夜に快眠するためにやっておきたいこと

関東甲信越地方では、異例とも言える早さで梅雨明けしました。日本各地、すでに真夏日、猛暑日が続出。都市部ではやくも熱帯夜を迎えています。寝苦しい夜にもんもんとしていては、疲れが取れず夏バテしてしまいますね。

睡眠コンサルタントの友野なおさんに聞いた「熱帯夜でも快適に眠るための方法」をおさらいしましょう。

1.背中がムレないシーツを選ぶ

夏の夜の寝苦しさの理由のひとは背中に熱がこもってしまうことです。背中には汗腺がたくさんあって汗をかきやすい。仰向けで背中を下にして寝ていると、背中がムレてしまうわけです。

そこで工夫したいのがシーツです。ポイントは放湿性と放熱性の高い素材を選ぶこと。

私のおすすめはイグサのシーツです。吸湿性が優れている上、硬めなので体との間に隙間ができやすく、通気性も高く、涼しく感じられます。麻のシーツもおすすめです。放湿性、放熱性に加え、吸湿性に優れています。麻は通年使える素材ですが、夏は特に適しています。

2.枕も通気性のよい素材を選ぶ

実は背中以上に汗をかきやすいのが頭。ですから枕の中身の素材も重要です。通気性、吸湿性、放湿性も高い素材を選びましょう。

その点、おすすめできるのはパイプ素材とビーズ素材です。通気性が高く、丸洗いもできます。そば殻も通気性があって涼しいのですが、そばアレルギーがある方は注意!絶対に使わないでください。

3.抱き枕で通気性を確保する

夏に意外な効果を発揮するのが抱き枕です。自然と横向きになって寝るので背中がムレにくくなります。また、枕を抱くことで脇の下、足の間に自然に隙間ができ、通気性も確保されるというわけです。

1 2
恋愛運 占い 金運 貧困女子 恋愛 婚活 結婚 iPhone 不倫 アプリ 派遣 運勢 占星学 浮気事件簿 時短 アラサー 美人探偵 アラフォー 恋愛講座 派遣女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!