ソファでくつろぐ姿勢ってよくないの?

家から帰るとソファでゴロゴロしてしまい、そのまま寝てしまって翌日腰痛になるなんてことも。ソファでくつろぐ姿勢って、本当は身体によくないのでしょうか?O,Mさん(30歳 会社員)

A柔らかいソファは猫背になりやすく、腰や椎間板に負担がかかりやすくなる危険が。できれば身体が沈まないくらいの固さがあるソファを選び、長時間座るときは特に姿勢を正して座ることを意識して。

疲れて帰ってくると、ついついソファでだらけたくなりますよね。身体を包み込んでくれるようなソファで脱力して、ゴロゴロする……すごく心地いいことに感じると思います。でもこのダラダラ姿勢、実はラクなようで、身体の負担になっているのです。ふわっと身体を包んでくれるような柔らかいソファは猫背になりやすく、リラックスするために使っているつもりの背もたれが、首や肩、背中などの負担になることが多いのです。

ではなぜソファが身体の負担になりやすいのでしょうか? ソファの中でも特に柔らかいソファの場合、身体を包み込む心地よさとは裏腹に骨盤を支えることができずに猫背になりやすく、腰や椎間板に余計な負担がかかりやすくなるのです。短時間であれば問題ありませんが、長時間座り続けると腰痛の原因に。また、背もたれに寄りかかる姿勢は、骨盤が後傾し、背中の筋肉は伸びきってしまう傾向にあります。

一方、身体への負担が少ないソファもあります。それは適度な固さがあり、座った時にしっかり骨盤(腰)を安定させてくれるもの。座った時の身体への圧力がうまく分散され、軽減でき、さらには背骨も丸まらないものがおすすめです。

本来、身体に負担がない正しい座り方というのは、腰も足もすべて90度に曲げられること。ダイニングの椅子や仕事や作業用の椅子は、その高さに調整するのがベストです。またたとえソファに座るとしても、その姿勢に近い状態で座れれば問題ないのです。

ちなみによく「長時間座っているのがつらい」という声を聞きます。これは身体を支える力が弱まっているしるし。姿勢を保つためには、ある程度の筋力が必要になってくるのです。その中でも特に大切なのが腹筋。正しい姿勢を取るためには、腹筋の働きを高めることもポイントなのです。

前回も腹筋を鍛えるエクササイズ「骨盤をキュキュッとしめるラクラク腹筋運動」を紹介しましたが、今回はもう一つ。骨盤を正しい位置に戻して腹筋を鍛える「お腹スッキリ腹筋運動」です。

fukking_woman

1 2
レシピ アプリ 恋愛講座 派遣女子 貧困女子 派遣 時短 アラサー 浮気事件簿 美人探偵 仕事 iPhone ダイエット CITRUS 恋愛 占い アラフォー 金運 婚活 結婚
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!