【女子メンタル】婚活サイトで知り合った10歳年下の38歳の男性との交際、年齢差を考えると…捨てられる前に別れるべき?(前編)

【女子メンタル】婚活サイトで知り合った10歳年下の38歳の男性との交際、年齢差を考えると…捨てられる前に別れるべき?(前編)

単刀直入に申し上げます。

「捨てられる、利用される」という危機感を抱きながら、10歳年下の男性と付き合っているのでしたら、早めに別れた方がいいでしょう。

きっとそのうちに本当に捨てられると思います。

自分に自信がなく負い目を感じながらも、相手を疑い信頼もしていないわけですから、うまくいくはずがありません。これは、年齢が近くても、相手が年上でも同じことです。

あなたは、自分のことを信用していない相手と人生を共に歩みたいと思いますか?

また、年齢の若さで女性の美を測ろうとするタイプの人に魅力を感じるでしょうか?

いささか乱暴なコメントをしてしまいましたが、今回はテーマとして2つのことを取り上げ、じっくりとお話をさせて頂きたいと思います。

まず、1つ目は「年の差婚について」、そしてもう1つは「女性の美と年齢について」です。
現代社会を生きぬく女性達にとって、このことは重要なテーマのひとつだといえるのではないでしょうか。

それではさっそく本題に入りましょう。まず最初のテーマです。

「年の差婚」について

過去を遡って、歴史的にみても権力や地位、財産を得た人が歳の離れた側室を迎えるということや、家どうしの政略結婚で年の差婚をするというのは、元来めずらしく無かったと思うのです。

現代においても、加藤茶さんの45歳差婚に、ラサール石井さんの32歳差婚(これは秀吉と茶々と同じですね)などもあり、「年の差婚」は、いまや結構ポピュラーな感覚もあります。

もっともこれは「男性の方が極端に年上である」例ですが……。では「女性の方が年上」の例は? といいますと、小雪さんと松山ケンイチさんは8歳差婚、大地真央さんは12歳差婚、ドリカムの吉田美和さんは19歳差婚ですね。またスポーツ界では結構多い「姉さん女房」ですが、イチロー選手と弓子さんも8歳差婚です。

つまり夫婦の形として女性の方が年上というのも、今や珍しくもないのでは?

それに、昔から「年上の女房は、金のわらじを履いてでも探せ」なんて格言があるくらいです。この時代、自分の方が年上だからと、女性が引け目を感じることなんて無いのではないでしょうか?

もっとも年上の女性のほうが「年齢差」を気にしがちで、男性のほうは実は「ほとんど気にしていない」というデータもあるようです。

実際、年下だから「可愛い」とか、年上だから「尊敬できる」ということもないでしょう?

年下でもしっかりしていて頼りになる人はいるし、人やものごとに対しての考え方や見かた、向き合い方などにおいても尊敬できることはあるはずです。逆に年上だからといって、頼りがいが有り尊敬できるかというと、そうでもない人だっているのでは?

年齢だけでは、その人の価値やその人との関係を測ることは出来ないものです。

もちろん、年齢によって経験や実績、体験からの知識や技能、環境や時代背景で築かれたものが違うということはあるでしょう。しかし、互いにそれをシェアすることだってできるのですから、ある意味、年齢差があるというのは「お得」かもしれませんよ。

では続いて「女性の美と年齢について」はどうでしょう。意外な女性の評価の実態が見えてきました。続きは後編で。

賢人のまとめ

いまや夫婦の形として女性の方が年上というのは珍しくない。年下でもしっかりしている人はいるし、年齢だけでは、その人の価値やその人との関係を測ることは出来ない。

1 2

賢人プロフィール

女子メンタルの賢人松山真己

臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ
個人や企業へのカウンセリング、コミュニケーション教育、各種セミナーなど。
心の多面性を見つめながら「心の健康と美」を育んでいくカウンセリングには、経営者や専門家、アーティストなどのクライエントも多い。
また、TV雑誌等でのコメントや心理テストの作成分析などにも多く携わっている。
http://www.calix.jp ( 心の健康と美の研究所Calix/株式会社CIELO )

浮気 セカンド 結婚 アプリ 浮気事件簿 婚活 占い キャリア その1 不倫 仕事運 運勢 恋愛運 アラフォー 恋愛講座 金運 美人探偵 恋愛 アラサー 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。