昨年12月に炎上したソフトバンク──どう対応するのが“正解”だったのか?【ホントは怖いSNS】

昨年12月に炎上したソフトバンク──どう対応するのが“正解”だったのか?【ホントは怖いSNS】

昨年12月に起こった、ソフトバンクとワイモバイルの大規模な通信障害は記憶に新しい。多くのユーザーが被害・不便を被ることとなったこの騒ぎのさなか、ソフトバンク公式Twitter・Facebookアカウントが「ファミチキ」のプレゼントキャンペーンを告知し、あっさり炎上してしまった。

「ファミチキより電波ください」

「ファミチキより電波ください」といったコメントをはじめ、多くの批判が寄せられた。

スーパーフライデーと銘打たれたこのキャンペーンは、ソフトバンクの携帯電話事業参入10周年を記念してはじまった。実施月の金曜、ソフトバンクのスマホユーザーに有名チェーン店の無料クーポンを配布するという内容だ。

スーパーフライデーと銘打たれたこのキャンペーンは、ソフトバンクの携帯電話事業参入10周年を記念してはじまった。実施月の金曜、ソフトバンクのスマホユーザーに有名チェーン店の無料クーポンを配布するという内容だ。

本来ユーザーに歓迎されるはずのキャンペーンだが、なぜ炎上してしまったのか、ソフトバンクはどうすれば炎上を防げたのだろうか。

通信障害の前に投稿されていたが…

投稿時間は12月6日12時と、通信障害の発生前だった。しかしその後、前代未聞の通信障害の中、公式アカウントはお詫びどころか現状報告さえしていなかった。

つまり、ユーザーは通信障害にまつわる情報を求めて公式サイトや公式アカウントを訪れ、呑気な投稿を目にしてしまったわけだ。本気で困っていたユーザーが腹を立て、抗議するのも無理はない。

その後、公式アカウントは現状報告と謝罪、復旧の報告を立て続けに行った。しかし、タイミングが遅すぎたと言わざるをえない。

“炎上の芽”を早く刈り取れ

では、どう対応すれば“正解”だったのか。

企業がソーシャルメディアを運用する場合、さまざまな事情で投稿を事前に予約することが多い。ファミチキの投稿もキリのいい投稿時間を見るに、事前に予約していたと考えられる。加えて、予約されていた時間は通信障害の発生前であり、投稿をストップすることはできなかっただろう。

しかし障害発生後、困ったユーザーが電話やメール、SNSなどで一斉に問い合わせてきていたはずだ。実際、公式アカウントには、通信障害にまつわる多くのメンションやコメントがつけられていた。

こうした“炎上の芽”に気づき、すぐフォローしていれば大事にはならなかっただろう。

1 2
恋愛講座 アラサー 金運 美人探偵 占い 貧困女子 運勢 恋愛 占星学 結婚 婚活 浮気事件簿 浮気 iPhone アプリ アラフォー 不倫 セカンド 時短 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。