先進国で続々導入検討の「週休3日」。なぜ日本では“夢物語”なのか?

先進国で続々導入検討の「週休3日」。なぜ日本では“夢物語”なのか?

いま先進国では、「週休3日制」が議論されている。

週休3日にすると、労働者のストレスが軽減されて、生産性が向上するという。ニュージーランドの金融サービス会社が実際に実施し、検証した結果、生産性が約20%向上。続いて、イギリスをはじめ、オーストラリア、アメリカ、ドイツでも、導入が検討されているという。

休みが増える上に生産性が向上して収益が上がるなんて、これほど理想的なことはない。多くの企業がどんどん導入していけば、幸せな人生を送る人が増えるだろうが、はたしてこれは現実的なことなのか。夢物語ではないのか。

7割の日本人にとって夢物語みたいなもの

一部では実現可能なことではあるが、日本のおよそ70%の人は、その幸せを享受することはできない。

週休3日を実現するためには、商材・設備・人材といった経営資源が潤沢でなければならず、つまり自転車操業に陥ることのない余裕を持った企業でなければ実現不可能なのだ。それができるのは、日本企業の中では0.3%、従業員数で言えば労働人口の約30%。すなわち、大手企業のみである。大手企業は知的作業が多いため生産性を上げやすく、物理的な作業であっても下請けにまわせば見せかけだけでも生産性を上げることができる。

知的作業を行う人は、ゆっくり休むことで心身がリフレッシュされれば、集中力が高まり生産性が上がる。だが、物理的な作業をする人が集中力を高めても、そのスピードには限界がある。「町工場」を例に考えてみよう。

朝から晩まで働き続けて、製品がカタチづくられる。納期が迫れば、残業も当然。機械も人材も最低限でまわしているので、常に納期に追われ、休みを増やすことなど考えることさえできない。

休みを増やすには、オートメーション化するしかない。現実問題としては、資金が無いのでできないが、仮にできたとすれば週休3日どころか週休7日になってしまう。すなわち、人員削減。失業である。町工場は、働いて、働いて、働き続けて、やっと生活できる程度なのである。

「週休3日制」は日本人にとって夢物語のようなもの?

「週休3日制」は日本人にとって夢物語のようなもの?

1 2
貧困女子 アラフォー キャリア アラサー 浮気 浮気事件簿 婚活 結婚 その1 金運 恋愛講座 恋愛運 時短 恋愛 アプリ 不倫 セカンド 運勢 占い 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。