【岡野あつこが語る!実録結婚奇譚】浮気相手にそそのかされた夫が新興宗教にハマった結果…

【岡野あつこが語る!実録結婚奇譚】浮気相手にそそのかされた夫が新興宗教にハマった結果…

「結婚=幸せ」「離婚=不幸せ」という単純な図式にはあてはまらないのが夫婦問題。憧れの結婚をしてもブルーな毎日を送る人もいれば、悩んだ末に離婚をして次の幸せに向かえる人もいます。私、岡野あつこが実際に目撃した「男女の不思議な物語」をお届けします。

「夫の浮気に向き合わなかった後悔」~Y美さんのケース

夫の浮気に目をつぶり、育児に専念してきたつもりが…

夫の浮気に目をつぶり、育児に専念してきたつもりが…

結婚生活が長くなると「忙しいから」「面倒くさいから」「ま、いっか」などと、パートナーのケアがおざなりになるもの。ところが、そのせいで離婚の危機を招くケースも少なくありません。

背が高く、学生の頃はサッカー部のエースだったというT也さんは、誰もが認めるイケメン。「私から『付き合ってください』と告白しました」とY美さん。ほかに付き合っている女性がいたにもかかわらず、「もちろんOK!」というT也さんの軽いノリで二人の交際はスタートしました。

途中、何度もT也さんの浮気がもとでケンカをしたものの、二人は5年後に結婚。Y美さんは、「友達は心配してくれたけれど、彼の浮気癖も結婚したら治ると思っていました」と言います。

ところが、結婚後1年で出産のためにY美さんが実家に戻っている間にT也さんの浮気癖が再発。それをきっかけに、独身時代と同じように浮気をくり返すようになったのでした。

「T也からは『ゴメン。でも、もう終わったことだよ』と謝られました。私も育児で手一杯だったこともあり、正直な話、夫の浮気問題で振り回されるのは面倒くさかったんです」とY美さん。

そうやって夫の浮気に目をつぶり、結婚生活を守ることと育児に専念した結果、Y美さんは夫の浮気相手からの嫌がらせを受けるようになったと言います。

「浮気相手と思われる女性からの無言電話や、嫌がらせメール、白紙のファックスなど次々と攻撃されてきたんです。さすがに私のほうも、精神的におかしくなるかと思いましたね」

それでもY美さんは、頭では「夫と真剣に向き合わなくては」とわかってはいたものの、現実の生活になると「でも、なんだか面倒くさいな」「生活費さえもらえていれば、このままでも困ることはないか」と、思っていたそうです。

1 2
セカンド アプリ アラフォー 運勢 不倫 恋愛講座 金運 占い その1 浮気事件簿 キャリア 婚活 貧困女子 時短 アラサー 恋愛 恋愛運 美人探偵 浮気 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。