部下からLINEで退職届!?ビジネスでSNSを使う会社はアリなのか?

部下からLINEで退職届!?ビジネスでSNSを使う会社はアリなのか?

「部下がLINEで退職届を送ってきた」という話を聞いたら、皆さんは驚かれるだろうか。退職届は通常書面で提出することが常識だが、その若手社員は出社を拒否し、そのまま退職しようとしているという。その他にも、「遅刻や欠勤の連絡がLINE」「折返し電話をしても出ない」など、業務上の連絡に気軽にLINEなどを使う若者世代が出てきているようだ。

退職のためには退職届は必須ではないが、離職届発行の際など、会社が紙での退職届が必要な場面もある。LINEだけでは不十分なことも多いのだ。また、業務中は通知を切っている人もおり、確実に連絡を取る必要がある場合、LINEはあまり適切でないかもしれない。

このように、業務上でLINEなどのSNSを使う例は増えているが、会社が公に認めていないサービスを使うことにはどのようなリスクがあるのだろうか。

広がるLINEの業務利用

広がるLINEの業務利用

日本ビジネスメール協会の「ビジネスメール実態調査2018」(2018年6月)によると、仕事で周囲とコミュニケーションをとる主な手段はメール(96.5%)が最多。続いて「電話」(90.02%)、「会う」(68.87%)となった。

一方、「LINE(LINE WORK含む)」は2017年の19.42%から23.45%と約4分の1にまで増加。「ChatWork」(8.50%)、「Skype(Skype for Business含む)」は8.09%、「Slack」(2.26%)など、コミュニケーションは多様化しているようだ。

LINEなどのメッセージサービスが人気な理由は、やはりやり取りのスピーディさにあるだろう。メッセージを送ればプッシュ通知で相手に通知が行く上、既読機能で相手が読んだことも確認できる。要件のみ送れるため、やり取りも簡便化が可能だ。

筆者も、LINEやFacebookメッセンジャーなどで仕事の連絡をいただくことがある。メールとは違いプッシュ通知がくるため、休日や外出先などでも連絡が取れるのが便利な点だ。また画面上で確認できるので、電車での移動中など通話ができない状況でも返信ができるのも便利だ。

1 2 3
婚活 美人探偵 恋愛運 浮気事件簿 アプリ 金運 セカンド 恋愛講座 キャリア 恋愛 貧困女子 アラフォー 運勢 時短 不倫 アラサー 浮気 結婚 占い その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。