部下からLINEで退職届!?ビジネスでSNSを使う会社はアリなのか?

部下からLINEで退職届!?ビジネスでSNSを使う会社はアリなのか?

リスクがいっぱいな“シャドーIT”

しかし残念ながら、“シャドーIT”によるリスクは大きいと言わざるを得ない。シャドーITとは、コンシューマー向けサービスを社員が無断で業務上で利用することを指す。

シャドーITで使われがちなサービスは、たとえば次のようなものだ。既に述べたLINEなどのメッセージサービス・SNSだけでなく、Dropboxなどのコンシューマー向けオンラインストレージサービスを業務上利用したことがある人もいるだろう。個人のスマートフォンを業務で利用している人もいるはずだ。

このような行為が危険なのは、やはりコンシューマー向けサービスではセキュリティ対策が充実していないことが多い点だ。

LINEの業務利用はなぜ危険なのか

LINEの場合、相手を間違えて送ってしまう、通称「誤爆」も少なくない。「おやすみ、週末のデート楽しみにしてるよ」と上司にうっかり恋人への甘いメッセージを送ってしまい、気まずい思いをした話を聞いたことがある。大切な情報やデータを、外部に送ってしまったら情報漏えいにつながる。もちろん、故意に転送してしまうことも可能だ。

LINEでのやり取りは基本的に外部から見ることはできないが、代わりに見た人がキャプチャをとってTwitterなどに転載する例は多い。公開しないつもりだったことが公開されてしまうと、大きなダメージにつながるはずだ。また、スマートフォンの紛失・盗難によって悪意のある第三者に盗み見られるリスクも残っている。実際、そのような単純ミスで重要な情報が流出してしまう事件は少なくない。

さらにまた、LINEではアカウント乗っ取りもいまだに行われている。アカウントを乗っ取られてしまった場合もやはり情報漏えいにつながる。退職者がグループに残ったままでトラブルになる可能性もあるだろう。

安易に利用してしまうと、このように情報漏えい、コンプライアンス違反などにつながってしまい、クライアントに被害を与えたり、自社の損害などにつながってしまう可能性さえあるだろう。

1 2 3
その1 キャリア アラフォー 恋愛運 結婚 金運 婚活 浮気 アプリ 美人探偵 運勢 貧困女子 不倫 恋愛 浮気事件簿 時短 アラサー 恋愛講座 占い セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。