成功者が実践! たった1分で「運」を味方にする「小さな習慣」とは?

成功者が実践! たった1分で「運」を味方にする「小さな習慣」とは?

成功者と呼ばれる人たちはみな、自分の力だけで成功しているわけではありません。
その過程では、必ず「運」を味方につけています。

『「運がいい人」になるための小さな習慣』(アスコム刊)の著者サチン・チョードリー氏は、成功者を観察し、彼らに共通する思考と行動のパターンを見つけ出したそう。そして、それを「習慣」として日常に取り入れることで運を味方にし、成功することができたといいます。

コンサルティングや投資セミナーなどさまざまなビジネスを手掛け、「カンブリア宮殿」などメディアにも数多く出演、世界三大投資家ジム・ロジャーズ氏とも交流を持つサチン氏。

その華々しい成功の秘訣である「1分の習慣」は、わずかな視点の変化によって、誰でも、今すぐ実践できるものだといいます。

『「運がいい人」になるための小さな習慣』(アスコム刊)

『「運がいい人」になるための小さな習慣』(アスコム刊)

運がいい人に共通するポイントと「習慣化」のメソッド

習慣とは、思考や行動をルール化することだとサチンさんは言います。
若き日のサチンさんは、成功者たちに共通する思考と行動のパターンをルール化し、日常に落とし込むためにリスト化していったのだとか。 そしてそのリストを眺めたときに、愕然としたといいます。
なぜなら、どれも簡単で、それこそ1分でできることばかりだったからです。

運がいい人は「可能思考」で考える

成功者は常に、「どうすればできるのか」という可能思考で考えます。そのためにサチン氏が実践する習慣の1つが「ネガティブの断捨離」。ゴシップだらけのワイドショーは見ない、定期的にSNSの友だちリストなどを見直しネガティブな気持ちになる人を削除するなど、日常の中に無意識にひそむマイナスの要素を排除していくのです。

運がいい人は「コンフォートゾーン」を飛び出す

慣れ親しんだ居心地のいい場所は、人を成長させません。運を味方にするためには、「コンフォートゾーン」を飛び出し、自分を磨ける環境に身を置くことが欠かせません。「気になるイベントは迷わず参加ボタンを押す」「若い人のスマホを見せてもらう」などの習慣で、常に刺激を受け続けることができます。

運がいい人は「PDCA」ではなく「DCAP」

運がいい人は、行動を重視します。そのため、PDCAサイクルの中でも、優先すべきは「Do(実行)」と「Check(評価)」。平行して「Act(改善)」しながら、「Plan(計画)」を作り上げるのです。こうした今の時代に必要なスピード感は、「迷ったらYESと答える」などの習慣で身につきます。

運がいい人は「成功環境」をつくる

成功への近道は、成功者と付き合い、自然とその成功メソッドやよい運の影響を受けることです。ワンランク上の「成功環境」に身を置くことが、あなたの運を引っ張り上げる秘密。まずは、あなたが憧れ、目指す人物をランチに誘ってみましょう。

1 2
運勢 アプリ 浮気事件簿 結婚 恋愛運 キャリア その1 占い 婚活 アラサー アラフォー 美人探偵 浮気 貧困女子 不倫 セカンド 金運 恋愛 恋愛講座 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。