新元号制定 実は選定段階の候補の中に「令和」はなかった?

新元号制定 実は選定段階の候補の中に「令和」はなかった?

2019年5月1日に幕を開けた新時代「令和」。
思えば、改元を巡る報道合戦がスタートしたのは、上皇陛下となられた明仁さまの生前退位の意向が報じられた2016年7月13日。そして新元号「令和」が発表された4月1日まで実に993日もの月日が流れたことになる。

この期間、どのようなプロセスを経て新元号が決まっていったのか。そして、どんな人がどのようにこの事業に関わっていたのだろうか。『ドキュメント「令和」制定』(日本テレビ政治部著、中央公論新社刊)は、今回の「時代の変わり目」を迎えるまでを関係者の証言を交えて解き明かしていく。

新元号の準備は平成がスタートした頃から始まっていた

あまり知られていないが、「平成」の次の元号の準備は、生前退位の意向が報じられてから始まったわけではなく、実は平成がスタートして間もなくの頃に始まっていた。

当時は「生前退位」という考えはなく、改元は「天皇陛下の崩御」が前提となる。つまり「天皇陛下の死に備える」という性質を帯びるため、おおっぴらにはできなかったのだ。

水面下ではじまった新元号の準備だが、その任を担っていたのは歴代の内閣官房副長官補だという。
内密に中国文学や東洋史、日本文学を研究する学者に元号の考案を依頼し、案の提出を受ける。2012年の時点で、案のストックは100案以上あった。これらは副長官補室の金庫に保管されていた。

実は候補の中に「令和」はなかった?

実は候補の中に「令和」はなかった?

1 2
浮気事件簿 キャリア その1 浮気 金運 セカンド 占い 貧困女子 不倫 恋愛講座 アプリ 結婚 運勢 時短 婚活 アラフォー アラサー 美人探偵 恋愛運 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。