「オタクの生きやすさを追求すれば…」 オタク女子にとっての“仕事とオタ活”

「オタクの生きやすさを追求すれば…」 オタク女子にとっての“仕事とオタ活”

愛する趣味がある人間として、仕事との両立は大切。学生時代以上に使えるお金も増えるため、趣味=オタク活動(オタ活)もより一層充実させたいところです。

でも、皆さんどうやって仕事をしながら、オタ活を両立させているのでしょうか?

そんなオタク女子のお悩みに応える本が『本業はオタクです。シュミも楽しむあの人の仕事術』(劇団雌猫著、中央公論新社刊)です。
平成元年生まれのオタク女子4組「劇団雌猫」(ゲキダンメスネコ)が、銀行員から戦略コンサル、マンガ編集者、さらには芸能マネージャーなど、10人のオタクたちにインタビュー。さまざまな仕事に従事するオタク女子たちの仕事観とオタ活状況が分かる、まさにオタク女子たちの「おしごと百科」です。

ホワイトな環境から激務な職場まで様々ですが、ここでは2人のオタク女子の例をピックアップしましょう。

激務のコンサル、でも意外とオタク思考が役立っている?

激務の仕事についてしまうと、オタ活をする時間が取れなくなり、生活から潤いがなくなってしまう……。でも、そんな中でも時間をどうにか捻出し、推しに愛を捧げる人がいます。

戦略コンサルタントのマッコウクジラさん(仮名・32歳)は、男性女性問わずグループアイドルを追いかけるオタク。
常にミーティングが入り、資料作成に徹夜も辞さない戦略コンサル。クライアントがいるため、後回しにできる仕事がないという緊張感の高い日々の中で、なんとか割いたオタ活の時間はまさにオアシスといった様子。
また、仕事は多忙ではありますが、時間をフレキシブルに使えるという利点もあるので、平日の夕方にしれっと抜けて、推しのグループが出演するライブイベントに行ったりするそうです。

マッコウクジラさんは「コンサルの思考回路は深読みオタクの思考回路に近い」と言います。コンサルは「仮説思考」と「ロジカルシンキング」で企業の課題解決をサポートするのが仕事。実はこの2つの思考は、深読みオタクや考察オタクがいつもやっていることなのだそうです。また、コンサルの現場は言語化の嵐なので、Twitterで推しへの愛を長文で語り続けられる人も向いているかも、とも。

インタビューの中で、「男女関係なく純粋に仕事のパフォーマンスだけで評価される」「切り替えがしやすい」というコンサルの仕事の魅力も語るマッコウクジラさん。仕事とオタ活、どちらも充実している姿がうかがえます。

オタ活と仕事、どう両立している!?

オタ活と仕事、どう両立している!?

1 2
恋愛運 金運 アプリ 占い その1 アラフォー 結婚 アラサー 浮気 キャリア 美人探偵 貧困女子 婚活 不倫 セカンド 時短 浮気事件簿 運勢 恋愛 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。