SNSがメンタルを弱くする!ポキッと折れそうな心を支える「名言」とは?

SNSがメンタルを弱くする!ポキッと折れそうな心を支える「名言」とは?

フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどに日常の出来事や思っていることを書き綴り、たくさんの「いいね!」がついたら、やはりうれしいものです。

しかしこのSNS全盛の時代背景こそが、いま日本人の心が折れやすくなっている理由のひとつであると、明治大学文学部教授・齋藤孝先生はいいます。

「こうした方が、『いいね!』を押してもらえる」「逆に、炎上して注目してもらえる」

そうやって少しずつ修正した自分の言葉が、自分の行動・人格に影響を与え、どんどん自分の心の基準がわからなくなっていき、結果として大きなストレスを生むことになる。今は、「いいね!」数、リツイート数、相手の反応などの評価に常にさらされ、無意識に言葉を修正し、言葉に振り回されて、エネルギーを消耗している時代なのだ、と。

では、心を支えるために、何が必要なのか。
それは『名言』であると、齋藤先生は著作『100年後まで残したい 日本人のすごい名言』(アスコム刊)の中で提言します。

心は言葉によって不安定になり、同じく言葉によって強化することができる。時代を超えて多くの人の心をとらえる名言には、後者の力があるのです。

日本語の第一人者の目利きで選ぶ名言に、ハズれなし!

同書では、「100年後まで残したい」というテーマのもとに、日本人の名言を齋藤孝先生が厳選しています。
聖徳太子の「和をもって貴しとなす」のように1000年以上前の名言から、マンガ家・水木しげるさんの「なまけ者になりなさい」のようにごく最近のものまで、古今を問いません。

日本語の第一人者の目利きにより、どんな名言が選ばれたのでしょうか?
その一部を紹介しましょう。

これでいいのだ(赤塚不二夫)

バカボンのパパの決めぜりふが「これでいいのだ」。作者・赤塚不二夫さんの葬儀で、タレントのタモリさんが弔辞に読んだように、すべてを肯定し、前へと進ませるエネルギーがあります。「『~なのだ』という断言は、自分の態度やポジショニングを明確にします」と齋藤先生がいう通り、きっとバカボンのパパは、「いいね!」など1ミリも気にしないでしょう。自分の決断や選択に後悔しそうになったときは「これでいいのだ」と口にしてみてください。とたんに心が軽くなるはずです。

世の人は われをなにとも ゆはばいへ わがなすことは われのみぞしる(坂本龍馬)

自分がやっていることを誰も理解してくれない。そんな孤独感にさいなまれたときは、龍馬の読んだこの句が支えとなってくれます。齋藤先生は同書の中で、「とくに、内側にある信念、自分の持つワールドは『われのみぞしる』くらいでちょうどいい。いたずらにダダ漏れさせて、『わかってもらえない』と傷つく必要はないと思うのです」と説いています。心ない言葉に傷ついたとき、「誰もわかってくれない」を「自分だけは知っている」に置き換えてみましょう。そうつらくもなくなるはずです。

自分自身でおありなさい。(中原中也)

中原中也が、別れた恋人・泰子に宛てた手紙の中に記された言葉です。自分の表現がしたいと思っている泰子に、自分を見失わず、周囲に流されることなく、自分自身でいることこそが表現のコツなのだと伝えます。SNSで「いいね!」がほしくて言葉を選んだり、「映える」写真を載せたりするのとは、正反対の考え方ではないでしょうか。齋藤先生は、この言葉を「SNS時代を見越した中也からのアドバイス」と位置づけています。

言葉に疲れてしまったときに読みたい「名言」。

言葉に疲れてしまったときに読みたい「名言」。

1 2
恋愛運 婚活 その1 恋愛 浮気事件簿 浮気 占い 貧困女子 不倫 運勢 金運 アラサー アラフォー キャリア 時短 美人探偵 アプリ セカンド 結婚 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。