「そんなにマズイ…?」味をチェックしてから夕飯を食べるかどうかを決める夫

「そんなにマズイ…?」味をチェックしてから夕飯を食べるかどうかを決める夫

女性タレントが「今日も夫が食事をしてくれなかった」と嘆いて話題になったことがある。だが、そういう家庭は少なからずあるようだ。

そんなにまずいのかと落ち込む

夫が家で夕飯を食べたり食べなかったりするようになったのは、子どもが生まれてからだとユウコさん(38歳)は言う。交際3ヶ月、デキ婚で結婚してから7年。一緒に生活してみたら、同い年の夫とは合わないところも多々あった。

「子どもが生まれるまでと出産後しばらくは、彼もかなり気を遣ってくれたと思います。子どもが3歳くらいになってからかな。ふっと気づいたら、私たち、味覚やいろいろなものの好みがかなり違っていたんですよね」

薄味の文化と家庭で育ったユウコさんと、「とにかく何でもお醤油をかけたがる」夫。ごはんが好きな彼女と、麺類とパンがあればご機嫌な夫。

「でもね、やっぱり栄養のことを考えるじゃないですか。子どももいるわけだし。だからだいたい一汁三菜を心がけてはいるんです。でも夫にしてみたら、ラーメンとコロッケが食べたい、となる」

夫は友人とともに会社を経営、仕事は順調そうだ。仕事関係者と食事に行くことも多い。そういうときはちゃんと食べてはいるようだが、「煮物がうまいとは思えない」「懐石料理なんて、わけがわからん」と言うタイプ。

「夫は共働きの両親に育てられたものの7歳のときに両親が離婚。それからは母親がひとりで育ててくれたそうですが、とにかく仕事ばかりで夕飯はほとんどインスタントかお弁当を買って食べていたんですって。夫の味覚を変えようと思ってがんばってきたけど、むずかしいですよね」

それでも「家庭の味ってこういうものかあ」と喜んでくれた時期もあった。無理していたのかもしれない。

夫は料理の味をチェックして……

夫は料理の味をチェックして……

1 2
セカンド アラサー 結婚 アラフォー アプリ 金運 浮気 恋愛 時短 貧困女子 恋愛運 運勢 浮気事件簿 キャリア 婚活 不倫 美人探偵 占い 恋愛講座 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。