ダメな上司の6つの特徴と上司・部下それぞれの対策

ダメな上司の6つの特徴と上司・部下それぞれの対策

営業マンにとって、上司の存在は今後の営業マン人生において大きな影響を及ぼします。私は幸い、社会人1年目に素晴らしい上司に巡り会えたので、その後の社会人人生を楽しくかつ自信を持って、やってこれています。しかし、私の同期を見渡してみると、

「上司が嫌だから辞める」
「上司と合わない」

という声を多々耳にし、目の前で去っていく同僚を何人も見ています。そんな部下を退職にまで追い込む上司はどんなダメ上司なのか、今日は考えていければと思います。

ダメ上司のパターン1:管理したがる

上司「今の営業状況はどうなっているんだ?」

部下「今は、ボチボチ順調に進んでいます」

上司「そんな報告じゃダメだ! もっと詳しく根拠を持って話せ! Excelに営業の進捗を顧客ごとにまとめて、報告しろ!」

部下「(え!? また報告資料を増やすの?今でも毎日日報を出して、週末には週報と顧客管理シートを出してるのに……)」

私が見てきたダメ上司のパターンが管理を”したがる”上司です。とにかく事細かな報告や進捗管理をさせている上司です。例えば、1週間の営業状況をまとめたり、翌週のアクションプランを報告資料にしたり……この作成に、丸1日使わないとできないそんな上司は要注意です。私の同僚は、毎週土日のどちらか出社をして、営業進捗シートの入力に腐心していました。ただ、こういった資料は大抵ちゃんと使い切られることはありません。

上司が見るポイントは、

・誤字脱字がないか
・著しく悪い数字がないか
・文句が言えるポイントはないか(笑)

というぐらいです。要するに、管理をするためではなく、自分が状況を知ったつもりになって満足したいがためにシートを作らせてしまっているのです。ダメ上司によく起こりうるのが目的を見失って作業自体が目的になっていることです。社会人1年目では何が正解かもわからずとりあえずやってみる、ということが多いと思います。しかし、やりながら、この資料を作る目的をちゃんと考えることです。

●管理したがる上司にならないための対策は?
まずは報告をさせる内容の目的を改めて整理する必要があります。その報告を聞いて、次のアクションを示せるのか否かが大切です。また、報告させている内容に重複がないか、も意識しましょう。

●管理したがる上司に流されない部下になるための対策は?
言われたからやる、ということは辞めましょう。もちろん、まずは指示を素直に受け取ってください。なんでもかんでもやらない、というわけではありません。指示された内容の目的は何か、この点をしっかりと上司とすりあわせましょう。また、上司だからといって全てを把握しきれているわけではありません。なので、重複しているものがあれば部下から進言することも大切です。嫌々、言われたからやるというのが、お互いにとって損でしかありません。

特徴と対策を覚えておきましょう!

特徴と対策を覚えておきましょう!

1 2 3 4
恋愛運 占い 浮気事件簿 貧困女子 美人探偵 アラフォー キャリア 浮気 婚活 運勢 その1 セカンド 金運 恋愛講座 不倫 結婚 恋愛 アラサー 時短 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。