【グルメトリビア】切って作るのに「刺身」と呼ばれている理由、あなたは知っていますか?

【グルメトリビア】切って作るのに「刺身」と呼ばれている理由、あなたは知っていますか?

高級料亭から街の居酒屋まで、和食を扱うお店ならばどこでもメニューとして加えている刺身。魚介類を細かく切って作る料理なのに、なぜ「刺身」というのでしょうか。

「切る」ではなくて「刺す」になったワケ

島国である日本には、古来より魚を生で食べる文化があったといいます。以前は、魚の身を細かく刻んで、酢で和えていたそうなのですが、室町時代の末期になると、刺身のように大きめに身を切り醤油に浸して口に運ぶという、現在に通じる食べ方が確立していったようです。

当初は「切り身」と呼ばれていたとのこと。ですが、切り身の状態では魚の種類がわからなくなってしまうため、並べた切り身に尾びれを刺して盛りつけていたところから、「刺身」へと呼び方が変化していったという説が有力なのだとか。また、当時は武家社会であり、「切る」という言葉が忌み嫌われていたことから、「刺す」を使うようになったとも言われているそうです。

「お造り」の語源とは

生魚を切った料理の呼び方には、もうひとつ「お造り」というものもありますよね。この言葉が生まれたのは、関西地方だと言われています。関西では、「切る」と同じく「刺す」も、縁起が悪いとして忌み嫌われる言葉であったため、魚を切ることが「作る」と呼ばれるようになり、そこから、魚の切り身を「お造り」と言うようになったのだとか。

生け簀で泳いでいた魚を、生かしたまま切り身にする「活き造り」の豪勢なイメージからか、現在では、船盛や尾頭つきなど豪華に盛りつけられたものは「お造り」、そうでないものは「刺身」と呼び分けられることも多いそうです。

お刺身に菊の花が添えられているのはなぜ?

お刺身に菊の花が添えられているのはなぜ?

1 2
占い アラサー 貧困女子 不倫 恋愛講座 キャリア 仕事運 浮気事件簿 恋愛運 金運 セカンド 運勢 アラフォー 美人探偵 婚活 恋愛 浮気 結婚 アプリ その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。