“地産地癒(ちさんちゆ)”で心もカラダもリフレッシュ!  伊勢志摩「合歓の郷ホテル&リゾート」宿泊体験レポート

“地産地癒(ちさんちゆ)”で心もカラダもリフレッシュ!
伊勢志摩「合歓の郷ホテル&リゾート」宿泊体験レポート

来年のサミット開催地に決まり注目が高まる伊勢志摩。この地域は御食国とも呼ばれ、伊勢海老やあわびなど食材の宝庫であり、さらにミキモトが真珠の養殖を成功させたことでも有名です。
そんな伊勢志摩にある「合歓の郷ホテル&リゾート」に、Suits女子部の2組4名が宿泊体験に行ってきました。

「合歓の郷ホテル&リゾート」は三井不動産グループが運営するリゾート施設。今年の3月に、3つの湯めぐりを楽しめる「ホテル合歓」の宿泊者専用温浴施設「KIYORA(きよら)」がオープンしました。その土地で生まれたモノで癒される“地産地癒”をテーマに、ここでしか体験できない癒しの旅を提供してくれます。
1泊2日の癒しの女子旅の様子をたっぷりレポートします!

1

↑今回の参加者。写真向かって左から石飛香織さん(31歳・会社受付)、矢田部ゆかさん(29歳・フリーアナウンサー)、
滝口未来さん(29歳・音楽関連会社勤務)、三木彩有里さん(27歳・通信会社勤務)。

 23

↑近鉄賢島駅近くの港からマリンタクシーに乗車。約10分で到着。
途中、ミキモトの真珠養殖場を発見!

 

 

 美容液のお風呂にうっとり♪ 美肌へ導く3つの湯めぐり

到着した一行は、早速温浴施設「KIYORA」へ。「KIYORA」とは、古語で“輝くような美しさ”という意味を表すそう。森・海・大地をイメージした3つの湯が用意され、それぞれの湯には意味がある。そして入浴の順番もポイントなんです!

1)「潮騒の湯」~大地の恵み~
大自然のエネルギーが凝縮された自家源泉の天然温泉。温浴効果が高く、疲労回復や健康増進、冷え症の軽減などの効果が! まずは体の芯から温め、檜の清々しい香りで心を落ち着かせる“癒しの湯”。

4

 
2)「合歓の木湯」~森の恵み~
合歓の郷のシンボルである合歓の木の「ネムノキ樹皮エキス」を配合。糖化によるダメージから肌を保護・修復してくれる。日頃ストレスを与えている肌を労わる“浄化の湯”。
5
3)「真珠の湯」~海の恵み~ 
真珠やアコヤ貝から抽出される天然の潤い成分を配合。貴重な美容成分を贅沢に浸かって潤いを封印! ターンオーバーのサイクルを整え、美しい肌へ導く“再生の湯”。6

癒し→浄化→再生の順番で入浴することで、大自然の恵みを体に取り込め、しっとりと輝くような美肌へと導いてくれるんです。とくに「真珠の湯」は、美容成分がたっぷり!美容液に体ごと浸かるような贅沢体験に、皆、大興奮です!

さらに、初めて泊まるホテルがリンスインシャンプーでがっかり…なんてこともありますが、合歓の郷ではミキモト コスメティックスのインバスアメニティ(シャンプー&リンス、ボディソープ)を用意(女性風呂のみ)。シャンプー&リンスはノンシリコン、ボディソープはスキンケア発想で作られていて、皮脂などの汚れはすっきり落としながら洗い上がりの肌はしっとり潤いをキープしくれます。

そして生まれ変わった湯上りのピチピチお肌には、ミキモト コスメティックスの化粧水&美容乳液をたっぷりと♪ 真珠層由来の美容成分パールコンキオリン配合で、角層のすみずみまで潤いで満たして、ふっくらキメの整ったお肌に整えます。

7「お肌が喜ぶようにグングンと吸い込んでいく感じ!」(滝口さん) 
「伸びも良くて肌が潤う。高級化粧品がこんな贅沢に使えるなんて幸せ」(矢田部さん)

温浴施設は「ホテル合歓」宿泊者のみ、6:00~11:00と15:00~24:00で利用可能です。

1 2 3 4
婚活 浮気事件簿 浮気 アラフォー 結婚 恋愛運 不倫 セカンド 恋愛 運勢 iPhone その1 恋愛講座 アプリ アラサー 貧困女子 占い 金運 美人探偵 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。