不倫きっかけで“下流老人”へ転落するケースも。問題は慰謝料ばかりではない!

不倫きっかけで“下流老人”へ転落するケースも。問題は慰謝料ばかりではない!

芸能人の不倫騒動が相次ぐなか、平均視聴率7.2%と好調をキープする林真理子原作の不倫小説をドラマ化した「不機嫌な果実」(テレビ朝日系・金曜23時)。番組HPの掲示板では「上司とのW不倫が相手の奥さんにばれました」「中学の時の先生と今不倫中です」「もう、終わりにしたけど、ホントは今でも忘れられないんです」など体験談が続々投稿され、盛り上がっています。

不倫関連の話題、最近よく耳にしますね。

不倫関連の話題、最近よく耳にしますね。

栗原千明演じるドラマの主人公・麻也子は結婚して5年目になる主婦、稲垣吾郎演じるマザコン夫・航一は大手金属メーカーの営業部長という設定ですが、これが40代、50代といった中高年世代になると、不倫が夫婦関係にもたらす影響はどう変わっていくのでしょうか。

“家庭は壊したくない”は男女共通の認識なのか

『カラダと気持ちーーシングル版』(日本性科学会・セクシュアリティ研究所編著、三五館)によると、40~70代既婚男性の27%が「配偶者以外の異性に惹かれる」ことがあり、11%が「配偶者と別れたいと思うことがある」と回答。同世代の既婚女性の場合、配偶者以外の異性に惹かれるのは9%と男性より少ない一方で、男性の2.5倍にあたる26%もの女性が配偶者と別れたいと感じていることがわかりました。

これらの数字を見ると、男性の浮気願望は必ずしも離婚願望に直結しません。どちらかというと、家庭は壊したくないし、壊れるとも思ってないというあたりでしょうか。しかし、女性の場合は、そう単純でもないようです。同書にも「女性の浮気願望は男と違って根が深いことを男は十分知るべきだと思います。数字だけを見て、安心してはいけません」といった警告が繰り返し登場します。

女性が「(配偶者以外の異性との)性交渉を伴う愛情関係」を求める割合は、40代後半の16%をピークに、40代前半が11%、50代前半が8%。以降は0%ですが、数値そのものは低くても「もしそんな機会があったら突っ走る可能性を秘めて」いるし、「すべてを忘れて”これこそ、私の求めている愛の姿”と、情念に浸るケースもあります」と言います。いざとなったときの、女の行動力を侮るべからず、というあたりでしょうか。

1 2 3
時短 恋愛運 貧困女子 占い 不倫 恋愛 その1 アラサー アラフォー 結婚 金運 浮気事件簿 アプリ 婚活 キャリア 浮気 運勢 恋愛講座 美人探偵 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。