結婚後の「正しい恋愛」はあるのか?

結婚後の「正しい恋愛」はあるのか?

今年に入ってから続々と出てくる「不倫報道」。露見したときの対処のしかたについてもさまざまな意見があるようだ。

今年に入ってから続々と出てくる「不倫報道」。露見したときの対処のしかたについてもさまざまな意見があるようだ。

「結婚後の正しい恋愛のしかたってあるのかしら」。知人が言ったその一言に、私は違和感を覚えると同時におもしろいなあと思った。まるで「ダイエット中の太り方」を考えているように思えたから。

友人が結婚したとき、「これでもう恋愛市場で活動したり競争したりしなくてすむから、ほっとした」と言ったのを思い出す。以前は確かにそうだったのだ。結婚したらもう恋愛しなくてすむのだから。結婚は自分の人生において、「恋愛のゴール」だった。

だが時代は変わり、「恋愛と結婚は別」になった。だから結婚していても恋愛はするのだ。自分の意志としては「しないつもり」でも、いざとなればブレーキがかからず、また恋愛市場に出ていってしまうものなのだろう。

決して誰にも言ってはいけない

結婚後も恋愛をしてしまった多くの男女が口にするのは、「とにかく誰にもばれないようにすること」だ。これが最重要ポイント。

「たとえ親友であっても言わない。女性はつい友だちなら大丈夫だと思うけど、相手を信用できるできないに関わらず、ひとりに言ったら拡散されると心すべきだと思います」、結婚15年のルミさん(仮名・42歳)は、自身の経験からそう言った。5年前、職場の既婚男性と恋に落ちたとき、不安が募ってうっかり学生時代の親友に話してしまった。口止めしたのに、翌日には別の友だちから心配するメールが来たという。

「そうやって拡散されていけば、職場や家族の耳にも入る危険性も高くなる。この人とこの人はつながっていないから大丈夫とは言えないと痛感したんです」。

男性に比べて、女性はどうしても自分の恋愛話を友人にしがちだ。それは独身時代からの習慣なのかもしれないが、既婚者の恋愛を世間がどう見るかは、不倫報道によるバッシングからも明らか。標的にならないように気をつけたほうがいいと言えそうだ。

1 2 3
貧困女子 結婚 キャリア 婚活 不倫 アラフォー 恋愛運 アラサー 恋愛講座 運勢 美人探偵 金運 恋愛 時短 占い アプリ 浮気 その1 浮気事件簿 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。