「プレミアムフライデー」でつらい思いをする人もいる

「プレミアムフライデー」でつらい思いをする人もいる

経済産業省や経団連、小売、旅行などの業界団体で作る協議会が、毎月末の金曜に消費活動を促す「プレミアムフライデー」を2017年2月から実施すると決めたという話題がありました。買い物しやすいように従業員の終業時刻を早める取り組みも進めるとのことで、月末の金曜日は午後3時をめどに退社できるよう企業に働きかける方針だということです。

この取り組みを歓迎、評価する声がある一方、今の消費低迷の原因は所得の伸び悩みや将来不安であり、これが解決されなければ期待外れに終わるという指摘も多いようです。

私だったらどうするだろうかと考えてみましたが、仕事が早く終わったからといって、その都度出かけてばかりでもないでしょうし、多少の余暇時間として何か買ったり食事をしたりということはあるでしょうが、そういう機会をそれほど増やす感じではありません。どちらかというと早く帰った分の給料はどうなるのかとか、15時で強制終了ではさすがに仕事は終わらないだろうとか、そんなことの方が気になります。思ったように「消費が増える」とはならない感じがします。

この取り組みをしている協議会には、小売や旅行の業界団体も名を連ねているようですが、これによって買い物客が増えるとか、週末を使って旅行する人が増えるとか、そんな期待なのだろうと思います。ただ、私がこういう取り組みに対していつも思うのは、その反対側にいる人たち、小売業やレジャー産業や、飲食店や各種サービス業など、消費を受け負う側の働き手のことです。

こうやって一斉に仕事の早い終業をうながしたり、休日や休暇を増やしたりしても、常にその反対側で働く人たちがいて、最近は特にそういう人たちの割合が増えています。土日に働く人がどのくらいいるのか、何か統計がないかと思って調べたところでは、なかなか良い資料がなく詳細はわかりませんでしたが、少なくとも20%前後はそういう人たちだという数字がありました。反対側にいる人たちは意外に多いのではないかと感じます。

「プレミアムフライデー」、ご存知でしたか?

「プレミアムフライデー」、ご存知でしたか?

1 2
アラサー 美人探偵 CITRUS アプリ 派遣女子 派遣 iPhone 恋愛 金運 仕事 結婚 浮気事件簿 時短 デート レシピ アラフォー 貧困女子 ダイエット 婚活 占い
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!