0.2秒で相手の「ホンネ」が分かる!“微表情”の見抜き方とは

0.2秒で相手の「ホンネ」が分かる!“微表情”の見抜き方とは

接客の場でお客様のニーズを汲みとりながら、セールストークがしたい。
プレゼンや会議で説明が上手にできるようになりたい。
プロジェクトに乗り気じゃない上司をその気にさせたい。

仕事をするうえで、こんな風に思われる方は多いのではないでしょうか。仕事を成功させるために、自身の声のトーンやスタイルに気を配ったり、「伝える」ボディーランゲージを学んだり、プレゼンスライドの作り方を工夫したりする方もいるかもしれません。

もちろん、それはとても素晴らしいことです。しかし、これだけでは「伝わる」にはなりません。これだけですと、スピーキング(話すこと)は出来るけど、リスニング(聞くこと)は出来ない外国語学習者のようなもの。自分が伝えたいことが「伝わる」には、自分が伝えようとしていることが伝わっているかを、相手を見ながら、相手の気持ちを察しながら、適切な言葉や話題をコントロールする必要があるのです。

この相手を見る、相手の気持ちを察するうえで強力なツールとなるのが、「微表情を見抜く技術」です。微表情とは、抑制された感情が無意識の内に表れては消え去る微細な顔の動きのこと。その表れる速さは、なんとわずか0.2秒です。この微表情を読むことで、相手の「ホンネ」がみるみる見えてきます。

お客様の「興味ある・なし」「好き・嫌い」を見抜く!

セールストーク中に、お客様の眉が上がっていれば、あなたの話に興味を持っているサインです。これがわかれば、お客様の聞きたいポイントを察して、集中的に説明することが出来ます。セールスマンが「話したいこと」とお客様が「聞きたいこと」の違いが、リアルタイムでわかるようになります。

「伝える」を「伝わる」にするには?

「伝える」を「伝わる」にするには?

1 2
恋愛 iPhone アラフォー アラサー 貧困女子 アプリ ダイエット 派遣 金運 美人探偵 浮気事件簿 婚活 結婚 レシピ 派遣女子 デート 時短 CITRUS 仕事 占い
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!