マインドフルネス、ヨガ、坐禅でも注目。「魔法の呼吸」で、心と体が驚くほど快調に!

マインドフルネス、ヨガ、坐禅でも注目。「魔法の呼吸」で、心と体が驚くほど快調に!

パソコン、スマートフォンをはじめ、何かと忙しく、追われるような現代生活。最近、「浅い呼吸」「口呼吸」「タメ息」など、明らかに不自然な息づかいの人が増えています。実は困ったことに、こうした「呼吸の乱れ」が酸欠状態につながり、さまざまな心身の不調を引き寄せているのです。だからこそ、「ふだんの息づかい」や「体の動き」をちょっと意識して変えれば、「心と体にやさしい呼吸」ができるようになり、驚くほど快調になっていきます。

自分の呼吸、見直してみませんか?

自分の呼吸、見直してみませんか?

 

あなたも知らず知らずに“息を止めて”暮らしている

私たちは1日に約3万回も呼吸を行なっています。呼吸のたびに、「息を吸おう」とか「吐こう」とか考えてはいないため、なかなか自分の呼吸のクセに気づくことはできません。心身の不調を招きやすい人には、口呼吸やタメ息、吐く息が短い、呼吸のリズムがバラバラなどの悪いクセがありますが、最も重大な問題を引き起こしているのが、「呼吸が止まる」クセです。慢性的な不調に悩む方や精神的に落ち着きのない方の多くは、無意識のうちに1日に何回も息を止めている瞬間があります。それは「生命の流れ」を止めることに等しく、心身に大きな負担となってしまうのです。

たとえば、シャンプーのとき、パソコンのキーボードを打つとき、モノを取るとき、イスに座るとき……。特にこうした動作は体が力んで息を止めやすいので、少し意識するだけで確実に変わります。呼吸を止めることなく、「新鮮な空気」が体じゅうをめぐるため、心と体の健康をキープできるのです。

ムリな「正しい姿勢」が呼吸を浅くしています

「姿勢をよくしなさい」――私たちは子どもの頃からこういわれ、“いい姿勢”をしなければと思っているのではないでしょうか。ですが、“いい姿勢”は肩甲骨を寄せて胸を張るために、ずっと力を入れ続けることになります。すると、呼吸は胸の表面だけの浅い呼吸になってしまい、そのために疲れやすくなってしまうのです。気づくたびに、こうした姿勢をやめるようにしましょう。やめた回数に比例して、心身へのリスクが減ります。

一度、息を全部吐ききってみましょう

浅い呼吸、止まる呼吸……そんな呼吸から、心身にいい呼吸を取り戻すために、いい方法があります。一度、息を全部吐ききってみましょう。私たちは、健康診断の肺活量の検査くらいでしか、息をすべて吐ききってみる経験がありませんね。イスに座って腕を上下させながら吐ききる練習をしてみることで、自然に呼吸が深くなっていきます。

イスに座り、下腹部をへこませて両腕を上へ伸ばし、息を大きく吸ってさらに腕を上に伸ばす。
両腕を上げたまま、「スーッ」と音を出して息を吐きながら、下腹部をへこませていく。
吐ききったら、大きく息を吸い、さらに両腕を上に伸ばす。
息を吐きながら脱力し、両腕を下ろす。しっかり息を吐けるようになると、自然と呼吸が深くなっていきます。

1 2
アプリ 恋愛 派遣女子 ダイエット レシピ 貧困女子 美人探偵 時短 アラサー 派遣 占い 金運 恋愛講座 iPhone 仕事 結婚 浮気事件簿 CITRUS アラフォー 婚活
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!