「リア充アピール代行サービス」の登場は必然? 個人主義と集団主義の狭間にもがく日本の微妙な立ち位置

「リア充アピール代行サービス」の登場は必然? 個人主義と集団主義の狭間にもがく日本の微妙な立ち位置

10年ほど前に「リア充」という造語が誕生してから、これまで日本社会に様々な波紋を投げかけ続けてきたようですが、昨年には遂に「リア充アピール代行サービス」まで登場して話題となりました。こちらは派遣されたスタッフと依頼主が写真を撮影し、友人の多さや充実した生活の様子をSNSに投稿するという趣向。誕生日やクリスマスパーティーを盛大に祝いたいという希望がもっとも多く、現在は20~30代の女性を中心に需要が増えているのだそう。

さて、私の住むウィーンでも同様のサービスがあるのか聞き込み調査を行ったところ、SNSのフォロワーを売買するビジネスは存在しても、ここまで極端なものはまだない様子。それにしても、なぜ日本はこのようなサービスが生まれたのでしょう?

個人主義と集団主義の狭間に位置する日本

よく日本は集団主義社会と言われますが、集団主義とは個人よりも各々が属する集団に優先権がある行為形態のことで、欧米諸国の個人主義とは対極にあるとされるもの。ところがオランダの比較文化心理学者ホフステード氏の研究によると、日本は必ずしも集団主義的ではなく、むしろ個人主義との中間あたりに位置しているとのこと。彼の統計ランキングを見ると、

個人主義トップ5
1.アメリカ
2.オーストラリア
3.イギリス
4.オランダ
5.カナダ

集団主義トップ5
1.グアテマラ
2.エクアドル
3.パナマ
4.ベネズエラ
5.コロンビア

となっており、個人主義は英語圏をはじめとする欧米諸国、集団主義は中南米の国々が上位を独占しており、一般的に“典型的な集団主義”と考えられてきた日本の名は挙がっていません。

「リア充アピール代行サービス」はなぜ求められる?

「リア充アピール代行サービス」はなぜ求められる?

1 2
婚活 浮気事件簿 恋愛 アラフォー 占い ダイエット 金運 iPhone アラサー 時短 恋愛講座 美人探偵 レシピ アプリ 仕事 貧困女子 派遣 結婚 派遣女子 CITRUS
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!