【結婚・離婚の幸福論】ココリコ田中の離婚、父親が親権を持つという意味

【結婚・離婚の幸福論】ココリコ田中の離婚、父親が親権を持つという意味

お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹さんが、タレントの小日向しえさんと協議離婚したことを発表しました。

田中さんと小日向さんはテレビでの共演がきっかけで2003年に結婚。23歳という若さで結婚した小日向さんは、結婚をきっかけに仕事をセーブして子育てに専念し、田中さんのほうもイクメンとして有名だったとか。

そんな、子煩悩なおしどり夫婦として知られていた二人が離婚をしたことも驚きでしたが、もっと世間を賑わせたのは「親権」のことではないでしょうか。田中さんと小日向さんの間にいる12歳の長男と9歳の次男という2人の子供の親権は、どちらも田中さんが持つという報道がありました。

一般的にも、離婚問題は夫婦のその後の人生に大きな影響を及ぼすだけではありません。二人の間に生まれた子供をはじめ、親戚や仕事先の人など多くの人たちに影響を与えることでもあります。だからこそ、離婚という選択を決断するまでには時間がかかって当然です。田中さんと小日向さんも、ずいぶん時間をかけて出した決断だったのではないでしょうか。

とくに大きい問題になるのは、子供のことについて。子供たちが自立できるようになるまでは、責任を持つ義務が親にはあるからです。この義務は、子供を育てている親が再婚して、子供に新しい父親や母親ができたとしても変わることはありません。

たとえばシングルファザーになって子供を養育することになっても、母親との面会は可能な範囲で叶えたり、元妻の新しい人生を応援したりする、といった態度はとても大切です。私の過去の相談ケースでは、子供があって離婚をする場合、約8割程度が母親が親権を取っています。なので、シングルファザーという選択は、はじめは周囲の人に誤解を受けたり、なかなか理解を得られなかったりすることもあるかもしれません。ですが、そこは堂々と「離婚という決断をした自分」「子供を愛情を持ってしっかり育てると決めた自分」の信念を貫いてほしいと思います。 親権は親が持つ権利ではありますが、忘れてならないのは「子供の幸せのための権利である」ということです。

親権は「子供の幸せのための権利」。

親権は「子供の幸せのための権利」。

1 2
婚活 デート 仕事 派遣女子 派遣 CITRUS アプリ 浮気事件簿 ダイエット レシピ 恋愛 時短 アラフォー 美人探偵 占い アラサー 結婚 iPhone 貧困女子 金運
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!