大ヒット『浪費図鑑』著者・劇団雌猫に直撃!貯金0円&カード止まってもOK!なぜリア充オタ女子は貧困女子に陥らないのか?~その1~

大ヒット『浪費図鑑』著者・劇団雌猫に直撃!貯金0円&カード止まってもOK!なぜリア充オタ女子は貧困女子に陥らないのか?~その1~

アイドル、宝塚、若手俳優、ディズニー、お笑い、ホスト、コスメ……オタク女性が、好きなモノにバンバンお金を使っている生態を紹介する新刊『浪費図鑑』(小学館)がヒット中です。

これをまとめたのは、劇団雌猫というサークル。メンバーは、全員平成生まれのアラサー女子で、ジャニーズ&俳優オタク・ユッケ、宝塚ファン・もぐもぐ、BLマニア・ひらりさ、アイドルオタク・かんの4人です。

彼女たちは“ハマる対象=神”を持ち、そこに“お金=お布施”を惜しみません。皆さん、表紙のイメージ通り、ファッションもメイクも手抜きをしない女性たち。

ここでは、『貧困女子のリアル』などの著者・沢木文が、彼女たちにインタビュー。浪費を重ねても、貧困女子になるどころか、ますます幸せになるオタク女子の謎を解明します。

雌猫3人と沢木文の4ショット。(ひらりさはリモートにて参加)

 

子供にお小遣い帳を付けさせても、意味がない!?

沢木文(以下・沢木)毎月、5~10万円程度、好きなモノにお金を使っているそうですが、親からどのようなお金の教育を受けたのでしょうか。

ユッケ 私は親が厳しくて、小学生から高校生まで、毎月お小遣い帳をつけて、親に見せていました。ちなみに、金額は小1で100円、小2で200円と学年ごとに増えていき、中学生では1000円、高校では3000円でした。

もぐもぐ すごい、倹約家になりそう!

ひらりさ 私も高校時代は、お小遣いは月3000円以下だったはず……。バイトも禁止の学校だったので、10代のころほとんどお金を使っていた記憶がないんです。ただ、結構頑張って受験勉強をして、大学生になって家庭教師のバイトでガンガン稼げるようになったときに、「これまで勉強中心で暮らしていたぶんいっぱいBLを買うぞ!」というスイッチが入って、そこからお金を使うようになった気がします。

ユッケ 大学時代から、徐々にお金が自由に使えるようになります。私の場合ひとり暮らしで東京に来て、ストレスから解放され、パーッとお金を使うように。親の目がなくなって、爆発(笑)。でもタガが外れても、借金はしなかったし、カードも作りませんでした。

沢木 1人暮らししていると、息を吸うだけでお金がかかる実感があるでしょ?

ユッケ はい……これは初めて話すのですが、大学生時代、サークルの男子に「来週返すから」と2万円借りたことがあります。

かん キャッシングや借金はしない……というより生理的にできない。でも私、いつもカードが限度額で止まっていて、レジで支払う時「使えません」と言われ、「やっぱりやめます」ということがあります。

もぐもぐ 私はそこまでではないですが、毎月カード明細を見て「何にこんなに使ったの?」ってなってます。先月の記憶を失ってる(笑)。

1 2
仕事 結婚 アラフォー 派遣女子 ダイエット 浮気事件簿 iPhone 恋愛講座 レシピ 金運 美人探偵 貧困女子 CITRUS アプリ 占い 婚活 恋愛 時短 アラサー 派遣
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!