【働く女の「モテ道場」】個性ナシでもエリート男と結ばれたい…そんな「のっぺらぼう」オンナが婚活市場であぶれるワケ

【働く女の「モテ道場」】個性ナシでもエリート男と結ばれたい…そんな「のっぺらぼう」オンナが婚活市場であぶれるワケ

男性の場合、「仕事がデキる=モテる」の構図が当てはまります。女性が結婚相手に求める条件の筆頭が「経済力」なので、それも当然。ただ、女性の場合、似ている部分はあっても、まったく違うところがあります。私は立ち上げた結婚相談所で、60~80%の成婚率を誇る現役婚活アドバイザーです。以前、異業種でバリバリのキャリアウーマンとして働く中、「世の中には仕事ができても恋愛のできない女性が多すぎる!」と感じ、結婚相談所にビジネスチャンスを見出しました。そんな私が、仕事と恋愛とで考え方を分けるべき部分を解説します。

エリート男が「昔ながらの昭和妻」を求めるワケとは

エリート男が「昔ながらの昭和妻」を求めるワケとは

今回は「個性の出し方」についてお話しします。企業は、少しでも良い人材を常に欲しています。ある程度の規模になれば、通年、採用活動をしていますよね。たとえば新卒採用。オフィスはすっかりカジュアル化しているのに、就職活動中の大学生はそろって「真っ黒のスーツ」と「薄化粧」と「ひっつめ髪」で街を歩く。一部の業界を除き、この状況は中途採用でも似ていますね。「できます! やれます! 御社のすべてに惹かれてます!」と個性を殺し、無色透明の人間を演じ、どうにか希望の企業に滑り込もうとする人は少なくありません。

最近、婚活現場でも、そんな金太郎あめを切ったような「のっぺらぼう」オンナが増えています。「素の自分を見せたら嫌われるんじゃないか…?」と個性を出したがらない女性たち。実態の分からない、不気味なオンナの集団が「結婚したい!」とうごめいているんですね。怖いでしょ?

試しに大手マッチングサービスや婚活サービスを覗いてみてください。「未来の旦那様といっしょに、温かい笑顔の絶えない家庭を築いていきたいです。趣味はお菓子作りです!」みたいなオンナ。まじめな顔して、100人中99人が同じようなこと書いてますから! でもそれって、双方にプラスなのでしょうか? 事実、会社経営者やドクターなど、超多忙で高収入なエリート男性は家庭的な女性を求めます。社交場に連れて行っても恥ずかしくない容姿と若さを兼ね備え、自分が家庭を顧みなくても粛々と家を守る「昔ながらの昭和妻」です。

一方、結婚相談所に登録する女性の多くはそんなエリートとの結婚を望み、口を開けば「専業主婦希望」「お医者様がいい」「年収は1000万円以上」などと言います。希望するのは自由ですが、もちろん、エリート男性は引く手あまた。ふるいにかけられ、はじかれまくり、そのまま放置された結果、ろくにお見合いもできず、婚活を諦める女性も多いわけです。

1 2
結婚 貧困女子 アラサー 浮気 その1 金運 恋愛運 セカンド キャリア 美人探偵 アプリ 浮気事件簿 不倫 恋愛講座 恋愛 運勢 アラフォー 時短 占い 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。