昭和男子は意識しているのか?「旅館のおひつ問題」と「居酒屋サラダ問題」

昭和男子は意識しているのか?「旅館のおひつ問題」と「居酒屋サラダ問題」

突然だが、あなたは“旅館で置かれるおひつの位置”について一瞬でも考えたことはあるだろうか。
じつは今、この問題についてSNSがアツく燃えているのだ。

SNSをにぎわす「旅館のおひつ問題」

SNSをにぎわす「旅館のおひつ問題」

もとはある女性ユーザーがTwitterに投稿した

夫と一泊二日旅行に来てるんですけど、旅館で毎回毎回、上座に座ろうが下座に座ろうが妻の方に置かれるおひつとしゃもじが辛くてね。
私はもういいんだけど、外国人観光客にもまさか同じことしてるんじゃねえだろうなって心配になる。お願いだからやめてね、本当……。心配だよ。

という一文がきっかけ。
食事が部屋出しの旅館で、仲居さんがあたりまえのようにご飯が入ったおひつとしゃもじを女性の側に置き「あとはよろしくお願いします」と部屋を後にするシーン、経験した方も多いのではないだろうか。

あれよあれよという間にこのつぶやきは拡散され、多くの女性たちから共感を呼び、同時に男性陣からは戸惑いを生んだ。

この拡散があらゆる方面に火を点けて、女性側の「こんなモンじゃない!」トークはヒートアップ。「格式あると言われる旅館で上座に座っていたら、女将からやんわり注意された」「男性側のメニューだけ値段が書いてあるのが気持ち悪い」「日本料理の店でバイトしていたが、マニュアルとして作業が必要なものは女性側に置くように言われた」「男性側、もしくは真ん中におひつを置くとクレームが来る」「そもそも無意識の女性差別」と、ありとあらゆる視点からの発言が飛び交い、現在まで収拾がつかなくなっている。

個人的にはこの問題に関して「お、おう……」レベルの立ち位置で、フェミニズム的な意見を語る気はさらさらない。自分が旅館でおひつを近くに置かれて思うのは「まあ、たまにはいいかあー」くらいのモンである。

さらに旅行は非日常なことなので、そこで「ん?」と感じることがあっても、それを楽しむくらいの方がお気楽で良いのかな、とも思う。女性差別だとピリピリして、外国人観光客への対応を心配するより“日本旅館のしきたりプレイ”くらいにとらえてみるとか。

1 2
浮気事件簿 占い 仕事 恋愛 貧困女子 派遣女子 結婚 アラフォー 金運 美人探偵 時短 CITRUS 恋愛講座 婚活 派遣 レシピ アラサー iPhone アプリ ダイエット
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!