【働く女の「モテ道場」】婚活女子がハマりがちな「希望年収1000万円」のワナと高年収男のホンネを読みとく

【働く女の「モテ道場」】婚活女子がハマりがちな「希望年収1000万円」のワナと高年収男のホンネを読みとく

男性の場合、「仕事がデキる=モテる」の構図が当てはまります。女性が結婚相手に求める条件の筆頭が「経済力」なので、それも当然。ただ、女性の場合、似ている部分はあっても、まったく違うところがあります。私は立ち上げた結婚相談所で、60~80%の成婚率を誇る現役婚活アドバイザーです。以前、異業種でバリバリのキャリアウーマンとして働く中、「世の中には仕事ができても恋愛のできない女性が多すぎる!」と感じ、結婚相談所にビジネスチャンスを見出しました。そんな私が、仕事と恋愛とで考え方を分けるべき部分を解説します。

大事なのは年収1000万円の“本質”を見抜く力

大事なのは年収1000万円の“本質”を見抜く力

「お金持ち」と言われたら、皆さんはどれくらいの年収を想像しますか? 婚活女性の定める目標の一つが「お相手の希望年収1000万円」。彼女らにその理由を聞くと、「1000万円あればお金に困ることはなさそう、多少の贅沢はできそう」とイメージしていることが分かります。実際、世帯年収1000万円以上の家庭は1割ほどで、ある種「裕福な家庭の入りロ」的な数字としてとらえられているようです。

一方、働く女性は、職場で尊敬する上司や仕事のデキる同僚に囲まれており、社会的に尊敬できる人がいい。つまり、「仕事のデキる男性がいい」と言います。私自身、「仕事は人間力」と考えていますから、「仕事のデキる人がモテないわけがない!」という意味では同意します。人への気遣いや思いやりは、ニーズをつかむ力、それを実行する力につながると考えるからです。

でも、「年収が高い」=「仕事がデキる」の図式には疑問もあります。お金は労働の対価ですから、能力のバロメーターにはなりえます。「職業に貴賤なし」。ちゃんと稼いでいればそれで十分だという考え方も一理あるでしょう。ただ、その個人が「仕事がデキるかどうか」は、会社や部署、チーム編成、役割分担、業界、会社の業績によってまちまちです。

平たく言うと、大企業に勤めていたり、親の七光りだったり、人手の足りない資格ありきの仕事にすると、本人はボケーッとしていても年収が良くなるかもしれません(笑)。逆に、中小企業でも自身のアイディアやスキルを活かせている人はいるでしょう。同じ能力でも、A社では年収500万円かもしれないけれど、B社に転職したら1200万円になるかもしれないわけです。

自分の力にゲタを履いた「魔法の1000万円」を得ている人の場合、高年収でも「本質的に仕事がデキる人」とは限りません。会社の肩書がなくなったとき、どうやって危機を乗り越えられる人なのかに注目するのも、相手を見極める一つの方法でしょう。だからといって、「年収も能力も高くなければダメ」という考えも違います。上を見ればキリがありませんし、あなたも相手に何を提供できるか考える必要があるでしょう。

1 2 3
セカンド アプリ 恋愛 不倫 結婚 恋愛講座 アラサー 運勢 その1 美人探偵 恋愛運 アラフォー 時短 婚活 浮気事件簿 浮気 占い 貧困女子 キャリア 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。