シュレッダーで誤裁断した書類を復元できたらマズいのか、真剣に考えてみた

シュレッダーで誤裁断した書類を復元できたらマズいのか、真剣に考えてみた

群馬銀行が2017年11月9日、顧客のマイナンバーカードのコピーなどが入った封筒440通をデータ入力前に誤って裁断したと発表し、話題となりました。原因は、データ管理業務の委託先の従業員が作業済み書類の棚に、誤って書類を置いてしまったこと。とはいえ、裁断片は全て確保しており、裁断片復元を進めた結果、440通のうち432通は個人を特定できたようです。

復元、できちゃうんですね。

復元、できちゃうんですね。

復元は“合理的”じゃない…?

このニュースについて、SNSでは「裁断片が復元されたら逆にマズい」との指摘も相次いでいます。機密情報の保持を目的としているにも関わらずその役割を果たせないのでは、というわけです。このケースは、銀行の信用問題に深くかかわっており、復元せざるを得ない、復元するしかない事情があります。復元するには人員と作業時間がかかります。実際、行動に移すかどうかは、それに見合う価値があるか否かで決まります。

たとえば、ストーカーが対象人物のゴミを探ったとします。持ち帰ったゴミの中にシュレッダーで裁断された書類があり、どうしても中身を知りたい。となると、どれだけ時間がかかろうが、手間がかかろうが、復元するかもしれません。そこには労力を惜しまない、かかる時間をものともしない、という執念にも似たモチベーションがあると思われます。

しかしながら、通常の仕事や業務では、時間の制約などがあります。復元作業をするくらいなら、たとえば顧客に頭を下げてでも書類の再提供をお願いするといったアナログな手段の方が失うものが少ないでしょう。

「いやいや、時間がかかってもいつか復元されたら信用を失う」

そんな重要この上ない書類であれば、シュレッダーにかける前にデータでバックアップをとったり、二重三重の手間をかけて保管したりするでしょう。シュレッダーにかけるものの重要性いかんによるわけです。そこまでした裁断片から情報を集めようとするなら、データの状態で収集する方が合理的。「労力と時間<情報の価値」となるでしょう。

これまでに起きた情報漏洩事件のほとんどが、担当部署の課員か、業務委託先の作業を請け負った人物に個人情報の詰まったデータをUSBメモリ等で持ち去られるパターンでした。山のようなシュレッダーの裁断片を時間と労力をかけて復元するだけの価値があるか否かを考えると、USBメモリを使ったほうが簡単でしょう。

1 2
婚活 占い アプリ 貧困女子 セカンド 浮気事件簿 アラサー 不倫 恋愛講座 iPhone 結婚 恋愛 運勢 派遣 恋愛運 金運 時短 美人探偵 アラフォー 派遣女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!