【結婚・離婚の幸福論】渡辺謙、慰謝料10億の真相は? 不倫夫に対する「妻の意地」離婚という現実

【結婚・離婚の幸福論】渡辺謙、慰謝料10億の真相は? 不倫夫に対する「妻の意地」離婚という現実

俳優の渡辺謙さんと女優の南果歩さんが離婚を発表しました。

近頃では珍しくない熟年離婚という選択。

近頃では珍しくない熟年離婚という選択。

2017年、渡辺さんはニューヨークで30代のジュエリーデザイナーの女性と密会していたことを週刊誌にスクープされました。報道によれば渡辺さんが浮気をしていたのは、妻の南さんが闘病の時期と重なっていたとのこと。それだけでも衝撃的な事実であるのに、加えて親密なツーショット写真が公開されるなど、当時の「ゲス不倫ブーム」の流れに乗っていたかのように見えたものです。

ところが世間からの非難の声を浴びるかのように見えたものの、「報道はおおむね事実です」と全面的に潔く不倫を認めた渡辺さんに対し、メディアの取り上げ方もマイルドな雰囲気だったのは印象的でした。

そんな二人もとうとう離婚が成立。離婚に際し、一部の報道では「慰謝料は10億円」とも書かれていました。「さすが、“世界のワタナベ”」とパワーを思い知らされたのもつかの間、その後の別の週刊誌が南さんに取材したところ「(渡辺さんには)借金しかなかった」と10億円騒ぎを否定したと言います。今後、事実は明らかになっていくのでしょうか。

一般的に、夫婦間に愛情がなくなった熟年離婚でもめるポイントになることのひとつに、「女の意地」があります。

仕事が成功して世の中に認められるくらいにまで成長した夫に対し、「これまで夫を支えてきたのは妻の私なのに……」と思う気持ちがあるのは当然のこと。仕事が今ほど順調ではないときも、数々のピンチを乗り越えられたのも妻のサポートがあってこそ。にもかかわらず、軌道に乗ってうまく回りはじめた途端、自分より若い女性と浮気を楽しむようになった夫を「許せない!」と思うのです。だからこそ、「高額の慰謝料を支払ってもらえないなら別れない」「すべての財産を私に渡さないなら離婚は認めない」「要求どおりに支払えないなら籍も抜かないし、この先ずっと子どもにも会わせない」というように「女の意地」を見せ、無謀に見える要求をつきつけるケースもあります。

1 2
浮気 恋愛運 不倫 貧困女子 セカンド 恋愛講座 キャリア 美人探偵 恋愛 時短 浮気事件簿 アプリ アラフォー 占い その1 運勢 婚活 結婚 金運 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。