「互いに浮気を公認」「他人を入れて3人で」…刺激的な夫婦関係は幸福なのか?

「互いに浮気を公認」「他人を入れて3人で」…刺激的な夫婦関係は幸福なのか?

夫の浮気が発覚、夫を問いつめると「おまえが悪い」と言われた。そして提案されたのは「刺激的な夫婦関係」。果たして妻は受け入れるべきなのだろうか。

夫婦関係のスパイスとは……

夫婦関係のスパイスとは……

お互いに浮気を公認しよう

「夫の浮気がわかり、私は怒りまくって夫を責めたんです。すると夫は『セックスレスも長いし、お互いに浮気してもいいということにしない? そのほうが夫婦生活もいい方向に変わっていくと思う』と。夫の気持ちがわからず、私のことがもう嫌いなのかと聞いたら、『好きだし、もっと好きになるためだ』と夫は言うんです。私はショックで……」

表情を曇らせるのは、アキコさん(49歳)だ。結婚して22年、ひとり息子は遠方の大学に入ったため、ここ3年は夫婦だけで暮らしている。

「2度目の新婚みたいなつもりでいたけど、夫とはずっとセックスレスだし、あげく浮気相手と撮った写真を見つけてしまった。夫の真意がわからないんです」

夫は自分の浮気を許してほしいと言っているわけではない。お互いに浮気を公認し、それを慣れきった夫婦のスパイスとしたがっているのだ。

「そうまでしなければ夫婦を続けられないなら、私は離婚してもいいと言ったら、夫は『そんな簡単に離婚なんて言うな。オレは離婚する気はない』と。私のことを分身だと思っていると」

夫婦での結論は出ていない。アキコさんは日々、悩んだり考えたりしている最中だという。

1 2
恋愛運 不倫 占い 時短 キャリア アラサー アプリ 浮気 婚活 運勢 結婚 セカンド 美人探偵 恋愛講座 貧困女子 その1 恋愛 アラフォー 浮気事件簿 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。