マタハラ

コラムニスト一覧

マタニティマークをなぜつける?妊婦とそうでない人たちの間には認識のズレがあることが判明!

「おなかに赤ちゃんがいること」を示すマタニティマーク。2006年3月10日に発表され10年以上たった今、年代によって差があるものの、その認...

弁護士に聞いた!加害者にも被害者にもなる可能性のある、パワハラ問題の回避方法は?

共感型の弁護士活動で、多くの人から支持されている齋藤健博弁護士(銀座さいとう法律事務所代表)。24時間相談受付、LINEのIDを公開するな...

【私の場合】マタハラ、パタハラ当たり前、無自覚に社員を追い込む日本の会社のパワハラ文化の不気味~その2~

ハリウッドから端を発した性暴力被害者に連帯する「#metoo」の世界的な広まり。多くのセレブや著名人が意思を表明しています。 お話を伺った...

【私の場合】マタハラ、パタハラ当たり前、無自覚に社員を追い込む日本の会社のパワハラ文化の不気味~その1~

ハリウッドで表面化したセクハラ問題をきっかけに、SNSなどで性暴力被害者に連帯する「#metoo」運動が拡大。そして、あらゆるハラスメント...

【ビジネス女子マナーQ&A】逆マタハラに勝つには?育休中の同僚が保育園に落ちて育休延長…。こっちは忙しいのに復...

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は結木美佳さん(仮名・医療関連会社勤務・28歳)からの質問です。 「出産し、育休中の同僚が...

【法律相談】「妊娠は迷惑」女性上司からのマタニティーハラスメント、退職に追い込まれないための対応策は?

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の悩みに答える連載です。今回の相談者は嶋本花音さん(38才・IT関連会社勤務)です。 「結婚10年、5年に...

スポーツ界だけじゃない!職場で「パワハラ」被害にあった経験を持つビジネスパーソンは、なんと●%に!

今週ニュース番組やワイドショーの話題を独占した「日本大学アメフト部」のタックル問題。この一連の騒動に、部活動という絶対的な上下関係の中で生...

【法律相談】会社に妊娠報告したら、退職をすすめられた!

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の悩みの応える本連載。今回のお悩みはマタハラ(マタニティハラスメント)についてです。 「長い不妊治療を経て...

Recommend

Pick Up