誤解

コラムニスト一覧

「一癖ある人かも…」と、一緒に仕事をしていけるか不安に思われる新人の態度3つ

転職が珍しくなくなった今日この頃。職場に頻繁に新人を迎えている堅実女子も少なくないのでは?一口に新人と言っても、すっと信頼関係を築ける人と...

「手料理で彼に結婚を意識させたかったのに…」男の胃袋をつかめない女たち

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」。 前回のコラムでは男が女性に「作ってほしい!」と思っている手料理の...

「男が食べたい手料理」と「女が作ってあげたい手料理」のギャップとは?

恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト神崎桃子の「男の言い分vs女の言い分」……。 今回は「食にまつわる男と女の話」をしたいと思う。 男が彼女に...

男女の友情は成立する…って本当に思える? パートナーの“異性の友人”どこまで許せる!?

永遠に答えが出ないのかもしれない“男女の友情は成立するのか”について。堅実女子のみなさんはどう考えますか? もしパートナーから「異性...

いい大人なのに間違ってない? アラフォー世代が誤用しがちな「恥ずかしい敬語」

新入社員のうちは大目に見てもらえることでも、人に教える立場になったり、先輩と呼ばれる立場になったりしますと、笑ってすますことのできない「言...

「まだ結婚しないの?」職場で結婚しない男女を責めるパワハラを上手く交わす方法

職場で「まだ結婚しないの?」と、本人が望んでいないのにも関わらず結婚を迫ることを「マリッジハラスメント」と呼びます。マリッジハラスメントを...

「うちの旦那の年収は○○○万だけど、あなたの夫は?」ママ友の夫の収入マウントに乗らない方法

夫の収入や仕事自慢をして、ママ友同士比べ合うことをママ友マウンティングと呼びます。また、ママ友同士の夫情報は嫌味半分が多いのが特徴。 例え...

好感度アップして人に愛されるコツとは?好感度の高い人がやっていること、やらないこと

好感度の高い人は、人に愛されるコツを掴んでいます。同じ失敗をしたとしても、普段から好感度の高い人は許されてしまうというケースも多いです。 ...

損しているかも?誤解されやすい人がうっかり使ってしまうフレーズ

本人にはそのつもりがなくても、ちょっとした言葉使いで損をしてしまう人がいます。悪気はないのに、周囲から低い評価を受けるなどの損をしてしまい...

Recommend

Pick Up